元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

爪の縦線って病気の兆候なの!原因や治療法を調べてみたっ

      2017/12/11


じっと手の指を見つめていると爪の半分上の部分に縦線が入っていることを発見した76歳老人です。

爪の縦線は、病気の兆候と聞いているので、大慌てし…

友達に「ねえ~ねえ~爪に縦線が入っているんだけど、病気かなぁどこが悪いんだろう?」と電話すると「貴方のような元気者が病気のはずないよ!加齢から来ている縦線だよ」と言います。

加齢から?そうだったら嬉しいのですが、私はそんな簡単なものではない!何か大変な病気が隠されているような気がして堪らないのです。

それで、爪の縦線は病気ではないかと調べたんですネ…

そしたら縦にすじが入っている場合は病気とは関係ない!老化現象の一つとして現れる縦線で、爪に出来る黒い縦線は病気と関係があるようです。

そこで今回は爪の縦線って病気について私と同じく爪の縦線に心配されている方に、縦線の原因と対処法についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

爪の縦線って病気なの

調べた結果爪の縦線で考えられる病気には…

  1. 加齢によって出来る縦線
  2. メラノーマ(悪性黒色腫)
  3. アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)

この3つがあります。

この3つの病気ってどんな病気なのか、これから一つ一つについて説明します。

あぁ~病気ではないと安心される方、やっぱり病気なのかと大慌てし、直ぐに治療に入らければいけない方がいらっしゃると思いますので、ジックリと見ていってくださいね。

加齢によって出来る縦線の原因は

ほとんど病気の可能性はないということですが…
1.乾燥よる原因は
2.栄養不足による原因は
この2つが原因になっているそうです。

管理人私の縦線の原因は、友達が言うように老化現象(加齢)から来ているものでした。爪の乾燥が原因で縦線が出ていたのです。

乾燥による原因は

私達女性は家事で洗剤を使うことが多いですよね。食器を洗う時の洗剤に入っている界面活性剤は、皮膚の必要な油分まで取りさってしまうので、ゴム手袋を着用するのがおすすめです。

炊事、洗濯、掃除に追われ、一日の中で手は濡れっぱなしの時間が多いので、濡れている手を拭くだけで終わっていることが多い毎日です。

入浴後に、ハンドクリームを爪の周囲の皮膚や指先までもみ込んで塗り、その後、ネイルオイルを爪の周囲に塗り潤わせることで、乾燥が防げるのに…

ハンドクリームは塗るけど、塗った後の、ネイルオイルを爪の周囲に塗って潤わせるなど、やっていないんですね。


恥ずかしいことですが、この指は管理人の指です。爪の縦線病気のことを心配している手です。手入れ不足と言うことよく分かるでしょう。

管理人の私は、乾燥によるものと思いこんでいますが、栄養不足も考えられるとのことなので食べ物について見てみましょう。

栄養不足による原因は

爪には、栄養が反映するので、ビタミンB群(B1,B2,B6,B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)の不足から出ることが多いんです。

縦線が気になっている貴方、上記のビタミンB群を積極的に摂っていますか?

ビタミンB群が含まれる食品は、豚肉、うなぎ、ナッツ類、レバー類、牛乳、貝類、緑黄色野菜、落花生、いわし、さんま、などを紹介してあったので、意識して摂ることが縦線予防になるそうですよ。

私はビタミンB群この食品は好んで食べています。

なので、私の場合縦線の原因は爪の手入れが原因で、手入れ不足による乾燥からだと反省しているんです。

病気でなかったことにホットしている老人ですが、貴方は如何ですか?まだ原因が分からなくて不安であれば次に進みましょう。

病気が疑われる縦線は

爪の縦線で病気の危険のある線は、白ではなく黒い線の場合は注意が必要です。

線が黒い場合、病気の可能性として、メラノーマやアジソン病と言うものが考えられるそうです。

このような病気、聞いたことがありますか?詳しく説明していきますね。

メラノーマ(悪性黒色腫)病について

メラノーマはメラニン細胞やほくろの細胞が悪性化したもので皮膚がんです。特徴として、爪や足の裏にできることが多いそうです。

酷くなると、指を切断しなければならなくなることもあるので、縦に黒い線やミシが入っている場合は、皮膚科で見てもらいましょうと進められています。

もし、貴方の爪に黒い縦線やシミが入っている場合は、皮膚科に通院されてくださいね。

爪の縦線やシミはこんなに怖い病気なんです。

メラノーマの、初期症状を見逃さないために、気をつけて欲しいとメラノーマの特徴について記されていたので、お知らせします。

爪のメラノーマ(悪性黒色腫)の特徴

・初期は爪に細く黒っぽいスジ状の線が入っている
・最初は、一つの爪に出る事が多い。
・黒いスジ状が経過と共に広がってくる
・線ではなく、血豆の様な広がった爪メラノーマもある
・爪の周りの皮膚にも黒や茶色のシミが出来る場合もある
・爪の場合、40代以降の年齢の発生率が高い

爪の縦線が気になっている貴方は参考にされてください。

爪の下が内出血を起こして血腫という血の溜まりができている場合は、時間が経つと消えますが、爪メラノーマの場合は小さくなったり消えたりすることはありません。

いつまでも消えない場合には、メラノーマ(悪性黒色腫)を疑い通院をお勧めします。

つづいて、爪メラノーマの治療方法についてお伝えします。治療法が気になりますよね。

スポンサーリンク

爪メラノーマの治療方法について

メラノーマの検査方法は、特殊な広大鏡を使ったダーモスコピー検査や、皮膚や爪の一部を切り取っての生検などが行われます。

ホクロではなく、メラノーマと診断された場合は、メラノーマは移動の早いガンなので、すでに転移している場合もあります。

これほど、移動の早いガンであるとのことなので、爪のメラノーマ(悪性黒色腫)の特徴を良く知り、小まめなチェックをすることは必見です。

治療は、主に切除手術になります。

メラノーマは、広範囲の切除になることが多く、指の切断という事もあるそうです。

メラノーマの一部を切り取る「病理組織検査」を行うことで転移を誘発してしまうという考えがあるため、検査を行わずに、広範囲で切除手術をすることも多いようです。

そして、進行した場合には、抗がん剤などの化学療法や、放射線治療もおこなわれる場合もあります。

つぎにアジソン(慢性副腎皮質機能低下症)病についてお知らせします。

アジソン(慢性副腎皮質機能低下症)病について

アジソン病の見分け方は、爪に複数本の黒い線が見られることです。

これは「爪の病気」ではなく、アジソン病という病気の兆候として、爪に黒い線が出るものです。

アジソン病とは、先天的または後天的な副腎皮質機能不全と呼ばれるホルモン臓器の働きが悪くなる事により起こる病気で、低血圧、全身倦怠感、胃腸症状、色素沈着などのいろいろな症状が現われます。

また、アジソン病は全身の皮膚の色が黒くなる特徴があることと、全身のだるさ、倦怠感、脱力、低血圧等が現れます。

この場合、黒い線は手の爪だけでなく足の爪にも現れ、1枚の爪に何本もできる事があります。

進行すると全身の皮膚が黒くなっていく病気で、爪には黒い線として現れます。

比較的爪は目に留まる場所なので、気づきやすいですが、黒色化はゆっくりと進む為なかなか気づかないことがあるので、入浴後、手足のケアーをする時にチェックする習慣化されるといいですね。

メラニン等が原因でホクロや黒い線が出来る場合は、やがて消えていくので、アジソン病との区別はつきやすいです。

アジソン病と診断された場合、副腎皮質ホルモンの内服による薬物療法は一生涯続くことになります。

ちょっと気になる副腎皮質ホルモン内服薬は以下のように説明されています。

ステロイド(副腎皮質ホルモン)の効果と副作用は?

ステロイド薬は、強力な抗炎症作用/免疫抑制作用/抗アレルギー作用を持っています。

このため、炎症や免疫の異常により引き起こされるさまざまな疾患(腎臓病/膠原病/アレルギー疾患など)に対し、強力で確実な治療法として使用されています。

一方、ステロイド薬は、治療効果が高い反面、副作用の多い薬剤でもあり、副作用の発生を予防し、最大限の治療効果をあげるように、主治医とよく相談して使用する必要があります。

ステロイド剤の副作用には、生命や生活に重大な影響を与える重い副作用と比較的軽い副作用があります。治療を行う際には、重い副作用に対する対処が重要となります。

●重い副作用
・感染性
・ステロイド糖尿病
・精神障害
・骨そしょう症・無菌性骨壊死
・消化性胃潰瘍

●軽い副作用
・肥満
・ニキビ
・食欲亢進
・生理異常
・多毛症
・妊娠線
・不眠

ステロイド(副腎皮質ホルモン)の効果と副作用について見て頂きました。

もし貴方が薬物療法になられた場合、副作用には気をつけて欲しいので、我慢されることなく医師に相談されてください。

爪の縦線を避ける事は難しいと思っている私は、アジソン病の治療法について調べてみました。糖尿病患者である私は、治療法を知る必要があるんです。

貴方も一緒にご覧ください。

アジソン病の治療はホルモンを薬で補う

アジソン病の治療は、不足している副腎皮質ホルモンを症状の程度に合わせて内服薬によって補充します。

使われる内服薬は、プレドニゾロンやヒドロコルチゾン(コートリル)といった、ステロイド薬と呼ばれるものです。

1日1~2回程度服用します。

この内服薬は、副腎の機能の回復は期待できないので、副腎の機能を回復させるための治療ではありません。

そのため、アジソン病の薬の服用は生涯に渡って続いていくことになります。

薬を飲んでいればアジソン病の症状が出ることはありませんので、普通の人と変わらない生活を送ることが可能です。

アジソン病について動画で説明されていますので紹介します。ご覧ください

最後に

管理人である私が、じっと手指の爪を見ていると爪先に縦線があるのを発見したので、病気ではないかと大慌てして、友達に尋ねたり、ネット検索したりして調べました。

糖尿病治療にも言えますが、治療ってどんな病気も早期発見と早期治療が大事だと思っているので、大慌てするのです。

爪の縦線について調べていると、爪の縦線には、メラノーマ病とアジソン病があることを知り、この病気についてお届けしました。

調べをすすめるに連れ爪の縦線は、やっぱり病気の兆候なのだと思ったのと、大変な病気が隠れているんだと恐ろしくなったのです。

でも今では、縦線さん病気の兆候を教えてくれて有難うの気持ちになっています。

縦線の色、黒ずみやシミにはくれぐれも注意しましょうね。

スポンサーリンク

 - 医療