元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

目の疲れの解消法!目に良い食べ物を管理栄養士からのアドバイス

      2017/12/13


目が重い、痛い、かすむ、ショボショボするなどを、近頃急に感じるようになりました。

目の疲れかな?疲れが取れたらこの症状なくなるのかなぁ…。?と気になる毎日です。

094781
パソコンと向き合う時間も長くなったのでその性かな?と思ったりしていた時、糖尿病治療でお世話になっている管理栄養士さんから「目の疲れに良い食べ物」たべていますか?と質問受けたのです。

「目の疲れに良い食べ物」なんて考えることもなく食べている食事なので、食べていないことを伝えました。

すると管理栄養士さんから、疲れ目、眼精疲労には「ビタミン類」を摂ることで緩和出来ますよ!とアドバイス頂いたので、目の疲れに良い食べ物について一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

目の疲れに良い食べ物

ビタミンAは

強い抗酸化作用をもっています。

ビタミンAを含む食品
レバー、うなぎ、アンコウの肝、人参、シソ、かぼちゃ、ニラ、
小松菜、焼き海苔

ビタミンB1は
視神経の働きを助けます。
疲労回復効果があり、目の疲れを取るのに効果があります。

ビタミンB1を含む含む食品
穀類、玄米、、小麦胚芽、オートミール」、レバ―、豚肉,かつお、
うなぎ、卵、にんにく、ビール酵母、大豆、ピーナツ

ビタミンB2は
角膜の予防をし、目の働きを助けます。
不足すると、眼精疲労や結膜炎、目の充血、涙が出る、まぶしく感じる
などの症状が現れます。

ビタミンB2を含む食品
レバー、乳製品、魚介類、うなぎ、かれい、さんま、ブリ、納豆、
卵、アーモンド

ビタミンCは
抗酸化作用があり、目の老化を防止します。
一日260mg以上のビタミンCの摂取で白内障の予防効果があります。

ビタミンCを含む食品
野菜、赤ピーマン、キャベツ、カリフラワー、ほうれん草、アセロラ、
グアバ、キウイ、いちご、レモン、柿

ビタミンDは
目の機能の活性化をし、疲れ目に効果があります。
目の機能に重要な、ビタミンAの吸収、働きをサポートします。

ビタミンDを含む食品
干ししいたけ、きくらげ、サンマ、サバ、魚の干物、いわし、
すじこ、鮭、卵、乳製品

ビタミンEは
抗酸化作用があり、血行促進をし目の老化防止、白内障の予防をします。

ビタミンEを含む食品
ナッツ類:アーモンド、ピーナツ、
植物油 :サフラワー油、コーン油
魚介類 :はまち、うなぎ、あゆ、ニジマス
植物  :抹茶、かぼちゃ、小麦胚芽、卵

 
目の疲れに良いビタミンってA~Eまで沢山ありましたね。

一つひとつを見ていった時、管理人に不足しているのはビタミンB2とビタミンDが不足しているように思われました。

つぎに、日常生活から考えられる疲れ目について調べたので、一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

目の疲れが日常生活から考えられること

  • デスクワークによる目の使いすぎ
  • パソコンや携帯電話の画面を長時間見続けたり、手元の細かい作業をすることで、目のピント調節を行っている毛様体筋が弱り、目に疲れを与えます。

    自分に合ってないメガネ(度数)やコンタクトレンズをしていると毛様体筋が、無理にピントを合わせようとして、目に疲れが出やすくなります。

    7e92036cf8e69d62ffe3759a91f7f477_s

  • 老眼
  • 近くから遠くを見るとき、ぼやけて見えるという症状が出始めたら、老眼の可能性があります。

    老眼は40歳前後から始まる目の老化で、ピントを合わせようとする力が衰え、小さな文字を長時間読むようなことが続くと目が疲れやすくなるんです。

  • 自律神経の乱れで血流の悪化
  • ストレスや睡眠不足などで自律神経が乱れると、目の筋肉が緊張したり、涙の分泌量が減ることがあります。

    その結果、目の血流が悪化したり、目も乾きやすくなり目の疲れを招くんですね。

    日常生活からかんがえられる目の疲れ、気になることありましたか?

    老眼の始まりは、40歳前後からだと言われています。月に1回の眼科検診をおすすめします。

    つぎに、目の疲れで起こる疾患も気になりますよね。どんな疾患が考えられるかチェックしてみましょう。

    スポンサーリンク

    目の疲れから起こる疾患

  • ドライアイ
  • ドライアイは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり涙のバランスが崩れることによって、涙が均等に行き渡らなくなり目の表面に傷が生じる病気です。

    d717fda9da88cf2d0deedeec963ab1f9_s

    高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズの装用者の増加に伴い、ドライマイの患者が増えているそうですよ。

  • 白内障
  • 水晶体が年齢とともに白く濁って視力低下が起こる病気です。
    水晶体とは、目の中でカメラのレンズのような働きをする組織で、外からの光を集めて、ピントを合わせる働きを持っています。

    通常は透明な組織ですが白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、

  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗い時と明るい時で見え方が違う
  • などの症状を引き起こします。

  • 緑内障
  • 目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

    症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていき、進行は、ゆっくりで両方の目の症状が同時に進行することは、稀なので病気がかなり進むまで自覚症状はほとんどないそうです。

    白内障も、緑内障も早期に治療すれば大丈夫だと周りから聞いていますが早期でなかった時が大変です。

    上記疾患が心配な場合には、早めに医師の診察を受けましょう。

    目の疲れからで起こる疾患には、ドライアイ・白内障・緑内障が考えられるということなので、日頃からどんなことに気を付ければいいかを一緒にみていきましょう。

    目の疲れについて日常生活で気をつけること

  • 小まめな休憩をとる
  • 長時間にわたってモニターを凝視する仕事では、間に休みを入れましょう。

    1時間ごとに約15分は目を休めて、目の疲れをとる体操やマッサージをする、また、蒸しタオルをまぶたの上にのせて、目を休めることで目はスッキリとしますので、試してくださいね。

    遠視の場合は、時々、遠くを眺めるのも効果的です。

  • パソコンやテレビと適正な距離を保つ
  • パソコンやテレビの画面と、目の距離は40cm以上離すようにしましょう。

    133848

    それに、画面が自分の目より上の位置にあると上目使いの状態になるので、より一層目は疲れやすくなるのです。

    画面が目線より下の位置になるように、配置を調節しましょうね。

  • 室内の湿度を調整する
  • 室内の乾燥も目疲れの大きな原因になります。

    目の乾燥を防ぐために加湿器や濡れタオルを室内に干して、室内の湿度を適度に調節しましょう。

    また、エアコンの風が直接目にあたらないように、送風口の向きを変えるなどの工夫も適宜行うことです。

  • 室内の明るさを適正にする
  • 室内が暗いと目が疲れるでしょう。とくに読書をしたり細かい作業をする時は、部屋全体を明るくするか、部分照明を活用しましょう。

    139399

    またパソコンを使うときは読書のときよりも少し暗い室内照明のほうが、目が疲れにくくなるんですよ。

    そして、外の光がパソコンのモニターに映りこまないように、カーテンなどで遮光することですね。

  • 意識してまばたきの回数を増やすことです。
  • 仕事や勉強に集中すると、一点を凝視することになり、目を知らず知らずのうちに酷使してしまうことになるのです。

    意識的にまばたきの回数を多くして、涙の分泌を増やしましょう。

    最後に

    目の疲れの解消は、管理人場合

    1.デスクワークによる目の使いすぎ
    2.ドライアイ

    この2つが考えられたので、眼科に通院し治療始めました。

    そしてまた、目に良い食べ物を調べたことで、食事についても八百屋さん、魚や、肉屋さんに行った時など食材選びに気をつけるようになった管理人です。

    疲れ目が気になられる方は、専門医の受診をお勧めします。

    スポンサーリンク

     - 生活