元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

寝ても寝ても眠い病気!ってどんなの?

      2015/06/03


近頃私の周りで、こんな風に


「寝ても寝ても眠たい!」と疲れている若者が目立つように
なりました。

私も若いころ、日曜日の朝は、「眠い、眠い」とお昼頃まで寝ていた
事良くありました。
お昼ごろまでねていると、「あぁ~よく寝た!頑張らないと」と
炊事、洗濯、掃除などバタバタと活動したものでした。

これは、私の体験で30年も前のこと

近頃の若者の「寝ても、寝ても眠い」はちょっと違うような?
病気では?と思えることがあるので、「眠たい病気」
調べてみることにしました。一緒にみてみましょう。

スポンサードリンクス

睡眠不足で眠いのは当たり前ですが、睡眠時間は十分なのに眠たい人は要注意です。

こんな病気が疑われます

考えられる病気についてまとめました。
当てはまる症状があれば、早めに睡眠障害の専門医療機関を受診しましょう。

■こんな症状にはうつ病が考えられます。

  • 気分がすぐれない、もの悲しい
  • 不安が強い
  • やる気がでない
  • うつ病は殆どの場合に、不眠がみられ、うつ病の重症度と
    不眠の重症度は相関しています。

    うつ病による不眠の特徴は、朝早く目が覚めてしまって再び
    眠ることが出来ないことです。また寝つきが悪かったり、
    夜中に目が覚めてしまったりということもあります。

    不眠の多くは、数週~数ヶ月にわたって毎晩続きます。
    夜だけでなく昼間に眠ることも出来ず「全く眠れない」というのが
    うつ病のもう一つの特徴です

    a28437535e38bafaf2e6f1306a775906_s
    不眠に加えて、意欲の低下や食欲不振、起床時の気分の落ち込み、
    イライラする感じがある時には、うつ病が疑われます。
    心配な方は、早めに心の専門医に相談なさることをお勧めします。

    次に考えられる病気は?

    ■こんな眠気の人はナルコプレシーの恐れ

    ナルコレプシーの患者には下記に挙げる4つの症状が見られます。
    健康なひとでもこれらの症状のうち幾つかはみられます。
    ナルコレプシーの方が常にこれらの症状があるというわけではありません。

  • 日中の居眠りを我慢できない
  • 笑ったり、驚いたり、怒ったりすると体の力がぬける
  • 金縛りにあう
  • 寝入りばなに幻覚を見る
  • ■昼間の耐えない眠気(睡眠発作)

    危険な作業や大事な会議、デートの最中など緊張感を要する状況でも
    本人の意志に関係なく突然眠り込んでしまうのです。

    cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s
    睡眠発作は、30分ほどで自然に目覚め起きれば気分はスッキリになっています。

    起きた後しばらくは、スッキリし眠気がなくなっていますが、数時間たつと再び
    激しい眠りに襲われます。
    この病気について理解がない周りからは、怠けているとか、だらしないと
    みられることがあります。病気なのに残念です。!

    早めに、心の専門医に相談されることをお勧めします。

    ■情動性脱力発作(カタブレキシー)

    笑う、喜ぶ、怒る、驚く、興奮するなど強い感情の動きが引き金になり、
    全身の力が抜けてしまう発作です。発作中でも意識はあり、数秒~数分たつと、
    戻って自然に力が入るようになります。

    発作の症状として、ろれつがまわらない、首が前にガクッと垂れ下がる、
    手足に力が入りにくい、その場に倒れこんでしまうなど重度のものまであります。
    情動性脱力発作を起こさないタイプの、ナルコレプシーもあります。

    ■睡眠麻痺

    寝入りばなや、目覚めた直後などに、金縛りが起こるのが睡眠麻痺です。
    数分以内に自然に良くなるものです。

    健常な人では、寝付いてから90~120分してから現れるレム睡眠が、
    ナルコレプシーの人では、寝付いて直ぐに現れます。

    レム睡眠は全身の筋肉が動かない状態の浅い眠りです。
    この睡眠の時に、意識が残っていると体を動かせずに
    焦ってしまいます。
    ed70b017eddca7b673a3712be79693d8_s

    ■入眠時幻覚

    入眠時幻覚は、睡眠麻痺と同時に起こることが多いと言われています。
    この2つと情動性脱力発作をまとめて「レム睡眠関連症状」ともいいます。

    幻覚は、怪しい人影や化け物が、危害を加えに来るなどかなり、
    現実感があり鮮明で、恐ろしいものが多いようです。
    これも睡眠麻痺と同じく数分以内に無くなります。

    睡眠発作、カタブレキシー、睡眠麻痺、入眠時幻覚は、
    ナルコレプシーの患者さんによく見られるものですが、
    統計では患者さんの内20~25%だそうです。

    ナルコレプシーの恐れ!気になりますね。

    スポンサードリンクス

    ここで、ナルコレプシーの検査・診断法を調べたので
    検査・診断法を一緒に勉強しましょう。

    ナルコレプシーの検査・診断法

    ナルコレプシーが疑われた時、専門医療機関では「睡眠ポリグラフ検査」や
    「睡眠潜時反復検査が行われます。

    ■睡眠ポリグラフ検査(ポリソムノグラフィー)

    体のあちこちに脳波や筋電図、呼吸状態などを計るセンサーをつけて
    一晩眠る検査です。ナルコレプシーの人の多くは、寝付きがよく、
    目をつぶってから10分以内に眠ります。

    しかし眠りが浅いため、夜中に目覚めることが多く、熟睡感はありませんが、
    睡眠時間の長さは、健常な人とかわりません。

    ■睡眠潜時反復検査(MSLT)

    ナルコレプシーに欠かせない検査です。
    2008年4月から保険適用となり、この検査は、2時間ごとに眠りやすさを
    調べるものです。ナルコレプシーの患者さんでは、眠るまでの時間が8分未満で
    眠ると直ぐにレス睡眠になることが2回以上見られます。

    3ヶ月以上にわたってほぼ毎日、強い眠気があり、情動性脱力発作がみられると
    ナルコレピシーと診断されます。情動性脱力発作がなくても
    睡眠潜時反復検査で診断がつくこともあります。

    ナルコレプシーの検査・診断法参考になりましたか?
    考えられる病気続けますね。

    ■特発性過眠症が考えられます。

    特発性過眠症とは、日中に突然眠り込む「睡眠発作」という症状が特徴です。
    睡眠発作が、一時間以上、ときには3~4時間も続き寝起きがよくありません。
    特発性過眠症は、深い睡眠であるノンレム睡眠が多くを占めています。

    昼間の眠気をがまんしていると、意識がボットしたままでまとまりのない
    行動をしています。「自動症」といいますが寝ぼけている状態での行動に似ています。

    特発性過眠症は、夜の睡眠時間が8時間~10時間以上になることもあり、
    朝の目覚めが非常に悪いことが特徴です。

    ■反復性過眠症

    (3日~3週間の傾眠状態とその後の通常の状態が交互に繰り返される病気)
    強い眠気が起きる時期(傾眠気)が3日~3週間続き、1日180時間位眠り、その後
    自然に目覚めて普通の生活を送るがしばらくすると又傾眠気が繰り返される病気です。

    傾眠気になると過食になり、攻撃性が高まることもあります。
    ほとんどの場合が10代で発症し、女性よりも男性の方が発症率が高い
    と言われている珍しい病気です。

    bf290a1af87fe4b8cff12866ccf5b7bd_s
    急性の発熱や強い身体的ストレスにより誘発される場合もあるとか?
    まだ、根本的な原因が分からないため、治療法はまだ見つかっていない
    そうです。

    その他「寝ても寝ても眠い病気」については、睡眠時無呼吸症候群、
    周期性四肢運動障害、睡眠相互退症候群、非24時間睡眠覚醒症候群
    不規則型睡眠覚醒パターンなど挙げられています。

    最後に…

    寝ても寝ても眠たい!若者!
    会議中でも、友達や職場の仲間と雑談している中でも、コロリと眠ってしまう、
    姿を目の当たりにみて、睡眠不足ではない!何か違う!「病気」なのかなぁと

    調べた私でした。調べているうちに「寝ても寝ても眠たい病気」の多いことに
    驚きでした。彼ら、彼女らは眠たい病気と戦っているのです。
    この多い病気のなかで、私が一番気になるのは、ナルコレプシーの患者さんです。

    本人の意志に関係なく突然眠り込んでしまうナルコレプシーの患者さん!
    この病気について理解がない周りからは、怠けているとか、だらしないと
    みられることがあるなんて、本当に残念です。

    どんな病気でも、一人での闘病はつらいものです。
    同じ病と戦う仲間がいれば勇気も湧いてきます。

    調べているうちに、ナルコレプシーの患者さんには、
    日本ナルコレプシー協会(通称:なるこ会)という強い味方があります。

    なるこ会は、積極的に情報を発信するすることで、多くの人にナルコレプシーを
    正しく理解してもらい、患者さんが早期に診断されて治療を受けられるように
    活動されています。

    患者の立場でナルコレプシーに立ち向かっている「なるこ会」を紹介し、力になりたいと思っています。

    ぜひ一度なるこ会のホームページをご覧ください。

    スポンサードリンクス

     - 健康情報