元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

喉の痛みの治し方!両親と共に戦ったケア方法を紹介するよ

      2017/12/11


喉の痛みってつらいですよね。

管理人は若い頃、風邪や乾燥による喉の痛みや、興奮して声の出し過ぎをした時など、喉の痛みと戦っていたものでした。

今では喉の痛みと戦うことはすっかり無くなっています。

色々な治療方法(親からの手作りを飲まされたり、口コミ情報やネットで調べたり)しながら治療を繰り返して良くなったんです。

管理人は、3歳の時(今から71年前)ひどい百日せきに罹り、溫泉湯治を祖父母とやって良くなったということを両親から聞かされています。

このようなことから、「喉の痛みを治す」ことについては、真剣に両親と取り組んだ結果、気管支が強くなり、77歳まで元気に過ごす事が出来ているんだと思うんですね。

喉の痛みを解消させるには、正しい治療法を知ることが大切です。

それで、今回の記事では、「喉の痛みの治し方」についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

管理人が両親と共に取り組んだ治療方法を、是非参考にしてください♪

喉の痛みの治し方

  1. のど飴
  2. 生姜湯
  3. 大根
  4. ネギ
  5. 熱い緑茶
  6. のどに蒸気を当てる
  7. のどぬーるスプレー
  8. ネックウォーマー
  9. 以上8点を食べたり、飲んだり、身につけたり、お部屋に設置したりすることで、喉の痛みが良くなりました。順番に細かく説明しますね。

    1.のど飴

    飴を舐めることによって、喉の痛みを直す働きは、唾液によるものなんですね。唾液は乾燥を防ぐだけでなく、タンパク質や塩分を含んでおり、口の中の粘膜を保護する働きがあるんです。

    さらに、唾液中の酵素リゾチームなどが口の中に侵入したウイルスの増加や粘膜への付着を防ぐということで、管理人が知らなかった「リゾチーム」を調べたのでご覧ください。

    リゾチームとは…

    真正細菌の細胞壁を構成する多糖類を加水分解する酵素である。

    この作用があたかも細菌を溶かしているように見えることから溶菌酵素とも呼ばれる。

    ヒトの場合涙や鼻汁、母乳などに含まれている。

    工業的には卵白から抽出したリゾチームが食品や医薬品に応用されている。

    引用:ウィキペディア

    また、唾液には被膜作用もあり、粘膜を保護し免疫を高め、炎症を和らげる効果があると言われています。

    田舎で両親が与えていた飴は、浅田飴でした。薬局に行けば昔々からあった飴でしょうね。「浅田飴せきどめ」として持たされていました。

    「浅田飴せきどめ」で、咳はやんでいたのですが、月日が立つ内に、薬局に行けば沢山ののど飴が並ぶようになり、いつしか「花梨のど飴」を選ぶようになりました。

    そこで、管理人が今回お勧めしたいのは、花梨のど飴です。

    花梨のど飴は:

    秋に収穫される花梨の実からエキスが造られています。

    これに生のだいこんから絞っただいこん汁とハーブエキスを加えて、のど飴が造 られているんです。

    飴は直火製法で炊き上げられ、素材の持つ旨味を最大限に引き出してあります。

    飴の旨味と、大根のほのかな香り、かりんの風味をとっても気に入って今では、風邪かなぁと思う時には直ぐに求め、口に入れ舐めています。

    咳、喉の痛みはなくなっているんですが、手放せないんですね。

    2.生姜湯

    生姜には、喉の痛みに良いとされる成分が含まれており、「昔から重宝されていて、漢方薬にも使われる食材なんだよ」と両親は、生姜が出回る季節になると、生姜湯を作り飲ませていました。

    そして、両親がよく言っていたことは、生姜湯には

    1. 風邪の治りを早め予防になる
    2. 冷え性の改善効果
    3. この2つの効き目があるんだと言っていました。どんな効き目なのか説明しますね。

      1.風邪の治りを早め予防になる

      免疫力を高めるので、風邪をひいたときに生姜湯を飲むと、治りが早く、咳止め効果があると言って、よく飲まされていたので、作り方を紹介します。

      生姜湯の作り方は…

      生姜湯

      1.湯呑みかマグカップにおろした生姜と、蜂蜜を入れるます。

      2、お湯を注いで混ぜます。

      3.完成です。

      分量は、味を見ながらお好みで作ってください。

      生姜黒酢蜂蜜混ぜ

      生姜をきれいに洗って、皮ごとみじん切りにして、それを、黒酢蜂蜜で混ぜ、一晩寝かせます。

      翌朝になったら生姜がしんなりしています。このみじん切りしている生姜を食べます。

      これも咽の痛みには、よく効きましたね。ヨーグルトに混ぜて食べている友達もいました。

      2.冷え性の改善効果

      生姜には、体を温めて代謝を良くするという効果があるんですね。

      夜寝る前に飲むと手先や足先がぽかぽかと温まり、寝つきがよくなるからと言って家族みんなで飲んでいました。

      スポンサーリンク

      3.大根

      大根に含まれている酵素には、喉の炎症を鎮める働きと、消化を助ける働きもあるので、風邪をひいた時にはお勧めの食べ物です。

      管理人が、母から食べさせられていた、大根についてお知らせしますね。

      大根の食べ方には2つの方法があります。

      方法1…

      大根の皮をむきすりおろします。

      すりおろした大根に蜂蜜を加えよく混ぜて食べます。毎朝食べるようにすると良いですね。

      方法2…

      始めに皮をむきます。

      その後、大根を3cmくらいの厚さに輪切りにします。

      それを、5mm~1cmのサイコロ状に切る(細かく切った方が大根のエキスが出やすくなります)

      保存容器に大根を入れます。

      容器の中に入れた大根がひたひたになるくらいに蜂蜜を入れます。

      半日も漬けておけば大根の汁が溶け出して、蜂蜜がサラサラ(水状)になります

      このサラサラになった蜂蜜(水状)を飲むのです。

      完成です!方法1と方法2どちらかでお試しください。

      エキスが出た大根は箸やスプーンで取りだしてください。入れたままにしておくと臭みが出て飲みにくくなることがあるので..

      スポンサーリンク

      4.ネギ

      ネギの辛み成分である硫化アリルにはビタミンB1の吸収を高める働きがああるんですね。

      この成分が胃の消化液の分泌を促し、食欲増進や消化促進、胃腸を健康にするんです。

      さらに、辛みには体温を上昇させ発汗を促し、血行をよくする働きもあるんですね。

      そして、ネギの白い茎の部分に含まれているネギオールには、抗菌作用があるのでウイルスに対する抵抗力を高めてくれるんですよ。

      このようなことから、風邪の予防としてネギをお勧めしています。

      5.熱い緑茶

      熱いお緑茶には殺菌作用があるので、ただ飲むだけでも、喉の痛みを和らげてくれますが、その外2つの理由があります。

      理由1:

    4. カテキンが持つ殺菌作用がある
    5. カテキンは、「毒素型」菌に対しては、毒素を消す解毒作用、「感染型」菌に対しては、細菌の細胞膜を破壊する殺菌作用を示し、食中毒予防に大きな効果を発揮するのです。

      理由2:

    6. ビタミンCを含んでいる
    7. ビタミンCは、免疫機能・粘膜の形成と関わりがあり、荒れた粘膜を回復させるのに効果的なのです。

      6.蒸気を吸う

      風邪の症状が軽い時には、お風呂に入るでしょう。その時お風呂の湯気を吸い込みますね。この湯気が喉を潤す効果があるんですね。

      又、上記写真のように、部屋のストーブのやかんから出る蒸気が、部屋の乾燥を防ぐことで、喉の痛みが和らぎます。

      咽がイガイガして声が枯れたりした場合には、お部屋のストーブにやかんを載せて湯気を出すのも咽が痛い時には効果的です。

      また、湿度が低下するとインフルエンザなどのウイルスの増殖につながりやすく、同時に鼻や喉の粘膜が乾くことで、風邪などもひきやすくなると言われているので…

      お部屋に加湿器を備えることも効果があります。

      7.のどぬーるスプレー

      一番即効性があるのがこれかもしれません。

      市販されているものでも十分に効果があります。

      [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

      【第3類医薬品】のどぬーる スプレー 大容量 25ml
      価格:1267円(税込、送料別) (2017/11/24時点)

      8.ネックウォーマー

      寝る時に使用します。
      喉を温めることで、菌の繁殖を防ぎ、炎症を和らげてくれます。

      喉の痛みを治す基本は、喉を乾燥させず、常に潤っている状態を保ち、温めることです。

      ここまで、「喉の痛みの治し方」についてお伝えしてきました。

      管理人の場合、小・中学までは、風邪によるのどの痛みが多かったのですが…

      成長するにつれ、風邪の時だったり、遊びすぎて大声を出した時だったり、成人になって、カラオケでの歌い過ぎで咽が痛かったり、声が出なかったりしたものでした。

      このような経験を持つ管理人が次にお伝えしたいのは、「喉が痛い、声が出ない時の対処法」についてです。

      簡単にお伝えしますので、一緒に見てみましょう。

      声が枯れている場合はどうする?

      朝、目が覚めてさぁ出勤の用意だ、今日も仕事頑張るぞ!と布団から出ようとする時に、声がでない!喉がガラガラだ!なんて経験は誰にでもあると思います!

      このような、喉がガラガラで、声が出にくくなった原因は…

      声の出しすぎによるもの

      大声を出すという行為は、喉の筋肉をとても疲労させる行為です。

      この行為で、特に影響を受けている部分が声帯なんですね。

      声帯を酷使しすぎたことによる影響で、声帯が炎症を引き起こしたり、腫れてしまうなどの問題を発生させて、声を出すことが困難になるのです♪

      無理に声を出そうとすると、声帯の炎症がひどくなり、ポリープが出来てしまって、常に喉に痛みや違和感が発生してしまい、声も常にしゃがれているなどの問題を発展してしまうことになります。

      このように、声の出しすぎで喉を痛めてしまった場合は、しっかり咽を休ませるようにしましょう。

      咽を休ませている間に、自力で治すために貴方がやることは、

      ● のど飴をなめる
      ● うがいをする
      ● マスクをする
      ● 喋らない
      ● 咽を温める
      ● 水分を小まめにとる
      ● ぐっすり睡眠をとる

      などを試みましょう。

      上記を試み、声を出さずに喉を休めていると、少しづつ回復し、次第に普段の声に戻ることになりますが、なかなか改善されない時には、医師の指導を受けることも考えてみましょう。

      最後に

      今回の記事では、

      「喉の痛みの治し方」と「声が枯れている場合の治療法」についてお伝えしました。

      幼少の頃から、風邪に弱いのにお転婆だった管理人は、ちょっと良くなれば、外に出て風邪をこじらせたり、風邪の季節が過ぎれば、あちこちに出かけて思いっきり遊び、夕方になると声をからして帰ってくる子供でした。

      77歳になって、近頃両親のことが思いだされるんですね。

      両親は、あれが良い、これが効くと管理人の病気を治すために、取り組んでくれました。

      77歳にして、今元気で過ごしていることは、病院の薬でなく、食べ物で完治させてくれたことだと思っています。

      これは、風邪をこじらせることなく、早期に治療してくれていたからでしょう。

      この記事を読んでいただく貴方、風邪はこじらせないことです。

      風邪かなぁと思われたら、無理をせず早めに治療に取り組んでくださいね。

      スポンサーリンク

       - 生活