元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

外反母趾の原因は!?歩き方に問題あり!

      2015/10/30


あいたた・・痛い、痛いと足をひきづりながら歩く友の
病気は外反母趾です。

日常は、運動ぐつを履いて生活しているので痛い、痛いと困ることもないようですが、ちょっとおしゃれしての外出になると、あいたた、あいたたの連発!

おしゃれ? 外出の時? 何故痛いの? と思われたでしょう。
それは、日頃は運動ぐつで生活している彼女が、おしゃれになると
パンプスを履くからなんです。

友は若いころハイヒールやパンプスを履いていたのが
『外反母趾になった原因だよ』といいます。

スポンサードリンクス

私も同じようにハイヒール・パンプス履いて
生活していたのに、何故私は外反母趾にならないのかと不思議になり
ハイヒール・パンプスは何故いけないの?と調べることにしました。

調べて、最初に目に入ったのが
ハイヒールが原因ではなかった!外反母趾!という表題でした。
「えっ!ハイヒールが原因ではないって?」

友がハイヒールが原因だと信じている原因とは違うのです。

調べているうちに、いろいろな説に出会いました。

これまで、外反母趾患者は女性に多いことから、外反母趾を
引き起こす原因を、女性が履くハイヒールなど先が細い
窮屈なくつが原因とされていたのですが…。

それが最近になり、小中学生に外反母趾になる子どもが多く見られるように
なったので、外反母趾になる原因が靴にあるのではない!
覆されてきたのです。

外反母趾は、靴が原因ではない!?
それじゃ何が原因なのかを、追って調べたのでお伝えします。

外反母趾の原因は?歩き方にアリ!

問題の歩き方とは?

歩くときに足の指を使わない歩き方で、

  • 足の指を動かしていない。
  • 足の指に体重を乗せて歩いていない。
  • こんな歩き方を長く続けていれば、足の筋肉のバランスが崩れ、
    足に変形が…?
    使われなくなった筋肉は衰え、足の甲のアーチは崩れ開張足を引き起こします。

    それでは、開張足について説明しますね。

    開張足とはどんな足のことでしょうか?

    「これから開張足について説明しますので、あなたの足を見ながら読んで頂き
    たいのです。ちょっと行儀が悪くなりますが、その方が現在のあなたの足の
    状態を知ることができるので」

    開張足とは、足の甲の幅が普通の足より広くなったこと。
    あなたの足をよ~くご覧くださいね。

    足の裏親指の付け根から小指の付け根までは横アーチと呼ばれるゆるやかな
    盛り上がりがあり、空間があるものです。

    「あなたの足はどうですか?ゆるやかな盛り上がり(アーチ)、空間ありますか?」

    ゆるやかな盛り上がり(アーチ)、空間があれば大丈夫ですが
    足の指を使わない歩き方を続けていれば、横アーチが圧迫されて崩れてしまい、
    開張足に!なるんです。

    つまり、ゆるやかな盛り上がりが無くなっている
    ことですが、あなたの足は大丈夫ですか?

    外反母趾の原因にもなる「開張足」が最近増えているそうですよ。

    スポンサードリンクス

    開張足になる原因?なぜ開張足になってしまうのでしょう。

    ずばり、「歩き方」が悪いから、この悪い歩き方が足指を使わないペタペタ歩きで、使うべき、横アーチ筋を使わずに歩き続けると筋肉が退化し、足の甲が横に広がり開張足になるんです。

    足の甲の骨と骨をしっかり寄せている横アーチ筋が無くなり退化すると骨と骨の間が開き、自分の体重に潰されて、足が平らになってしまいます。

    横アーチ筋の働きがなければ足の指に体重が乗った時に足の骨や関節だけで体を
    支えることになるので痛めてしまうのですね。

    横アーチ筋は、歩く度に指先に体重が乗った瞬間、しっかり体重を支えることで
    退化することなく鍛えられるのですが、ペタ歩きは指先に体重を乗せずに歩いて
    いるんです。

    指先に体重が乗る前に、次の足が地面につき歩いてしまうのです。
    「想像してください。また自分でぺたぺたと歩いてみてください。」
    指先に体重乗っていませんよね。

    このような歩き方をくり返ししていれば筋肉が退化してしまうこと
    うなずけますよね。

    足を地面に踏ん張り歩く!これが出来ている人に外反母趾の人はいません。
    もしあなたが外反母趾になってしまっているのであれば
    歩き方が悪かったと言わざるを得ませんね。

    それでは、外反母趾にならない良い歩き方について、調べたことをお伝えしますね。

    128fbaad83930f27116435948079c6a0_s

    外反母趾を防ぐよい歩き方は!

    まず、まっすぐ地面に立ちます。
    地面に立ったときに足にかける体重を「かかと・足の親指・足の小指」に均等にかけてお腹を引っ込め、胸を張って、顎を引き、姿勢を正して立ちます。

    正しい姿勢が出来たら、その姿勢で歩きます。
    歩く際には、膝を軽く曲げ「かかと・足の親指・足の小指」をしっかりと地面につけて歩きます。

    この時バランスが崩れることがあるので、バランスを保つためには、
    テープなどで1本の線を引いてその上を真直歩くように練習することも
    一つの方法です。

    歩行のバランスを崩さないように歩くことが、外反母趾を防ぐよい歩き方のポイントになります。

    つぎに、外反母趾にならないために、歩行以外で気を付けたいことを
    お伝えします。

    外反母趾にならないためには

    自分の足に合う靴を選ぶ

    普段から自分の足に合う靴の形やサイズを知っておくことです。
    足にぴったり合う靴というのは、靴の先端とかかとがしっかりフイットしていて
    横幅もきつく感じないものです。

    b4c48761e8a207d5ed54c207d55466c5_s
    つい、自分好みのものを買ってしまうので、シューフィッターさんに、
    靴と足のサイズを測ってもらうことをオススメします。

    靴を買う時の注意点ですが、
    靴を履いた状態で足の指が曲がることができる靴を選ぶことです。
    シューフィッターさんに測ってもらい、足に合う靴なら大丈夫です。

    身体の重心は足の親指・小指・かかとにかかるので、足の指がちゃんと
    踏ん張れるようにするためにも指が曲がるスペースのある靴を選ぶことは
    とっても大事なことです。

    次にもう一つ
    かかとがちゃんとフイットしているかを確認して下さい。
    靴のかかとが、大きすぎるとかかとの位置がふらついて重心がかけにくく
    なります。

    靴の中でかかとがすべって、足の指の方が圧迫されてしまいます。
    以上の2点注意して靴を選んでください。

    最後に

    外反母趾なる原因、外反母趾にならないために注意すること
    についてお伝えしました。

    まとめますと

    原因は、靴であると思っていたことが、歩き方にあるということを
    知って、あなたにお伝えしました。

    歩き方は?
    「かかと・足の親指・足の小指」をしっかりと地面につけて歩く
    ことが大切でした。

    その為に大事なことは「自分の足に合う靴を買う」ことでしたね。
    歩くには、靴はなくてはならないもの。

    このくつが、足にフイットしていなと長く歩いているうちに
    ペタペタ歩きになり、外反母趾になるということでした。

    外反母趾になる原因も、ならないために気をつけることも
    どちらも靴でしたね。

    靴選びの大事なことを、友のあいたた、あいたたを目の当たりに
    みたことで、調べてみる気になり、今回このようにお伝えすることが
    出来たことはとっても私にとって勉強になったことでした。

    最終的に一番大事なことは「靴」だったように思います。
    靴の選び方には気を配り注意しましょうね。

    スポンサードリンクス

     - 健康情報