元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

朝食にバナナが!血糖値の上昇を抑えるって本当!?

      2016/05/08


バナナが糖尿病の予防や改善に効果があること聞いたので調べてみることにしました。
調べるていると情報がいっぱいで、一体どっちが本当なの?とイライラしている(糖尿病歴12年になる)私です。
5c4f7d8867e9f7cabce99e34b0ffbaba_s

糖尿病患者にとって、正しい知識で治療に取り組むむことが大切だからです。
私は、いろんな情報に悩む時には、直ぐに主治医や管理栄養士に尋ねています。
早くはっきりした答えが欲しいからなんです。

スポンサードリンク

今回尋ねたことは?

バナナは、血糖値に良いか?悪いか?

  1. バナナは、甘くて糖分が多いから控えるべきだ。
  2. バナナには、血糖値を下げる効果がある。

上記2点について、主治医と管理栄養士の説明を受けたので、一緒に見ていきましょう。

1.バナナは、甘くて糖分が多いから控えるべきだ。

控えなくても良い!食べ過ぎが悪い原因なので、摂取量80Kcalに対して指示されている量を守って食べればいいんです。
dd558f4f4398e6d4986d832fbf1bcc0f_s
2.バナナには、血糖値を下げる効果がある。

バナナには、植物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていてその中のカリウムに血糖値を下げる効果があります。その通りです。

上記1.2.を守れば、バナナは、血糖値の上昇を抑える。

バナナは、血糖値に良いことが分かりました。

続いて、いい機会だからと以下のことについて説明受けたので
あなたも一緒にご覧ください。

バナナに含まれる成分と性質

バナナには、でんぷんやブドウ糖、果糖、ショ糖など糖質がバランス良く含まれていて、バナナ1本あたりのエネルギーはご飯半膳分にも相当する、果物の中で最も栄養の高い果物。

また、バナナには、ビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンC、カリウム、食物繊維であるペクチン、オリゴ糖、などのポリフェノール、アミノ酸が豊富に含まれている。

強力な抗酸化作用を持ち紫外線や喫煙、ストレスなど生活の様々な場面で発生する活性酸素を除去し、体が酸化することを防ぐ働きがある。

それにバナナは、「おなかの調子を整える食品」の機能表示が認められている、成分を持つ果物である。

そのため、便秘の解消にもなると言われている。

バナナに含まれる成分が体内で強い抗酸化作用を発揮して酸化から体を守ることで、病気や老化、肌トラブルを予防する。

以上の説明を受けて、こんな力を持つバナナを食べないわけはない!と思った私は、食事形態を代えることにしました。

スポンサードリンク

朝のパンをバナナに!代える

今回、糖尿病とバナナについて勉強した時、
バナナの成分カリウムに、血糖値を下げる力があることを知り、バナナがとても身近に思われるようになりました。

それで、私が主食としているパンは炭水化物なのでパンをバナナに置き換えて見ようという気になったのです。

パンをバナナに置き換えたら血糖値に変化がでるってことが、とっても嬉しくなって…始めたのです。
私の朝食をご覧ください。DSC00241

バナナの1日の摂取量は80kcal、バナナ100gが基本ですが、自分なりの考えでパンを食べないのだからとバナナを140gにしています。

蛋白質は、今日はヨーグルトですが、栄養のバランスを考えなければならないので、ハムエッグ、ささみの蒸し焼き豚肉の生姜焼きなど1週間のメニューを代えています。

飲み物は、コーヒー(毎日)、牛乳(1日おき)番茶(毎日)のんでいます。

私の朝食ご覧になってどう感じられましたか?きっと生野菜の切り方雑だなぁ…と思われたでしょう。

その通りです。私は、厚生省と日本歯科医師会が提唱している「8020運動」に取り組んでいます。

80歳まで20本の歯を持つことが目標です。

75歳になった現在歯を抜いたのは親知らずだけ!
こんな私は、「よく噛んで食べる」ことを守っているので、生野菜の切り方が雑です。

周りからあなたの生野菜は「牛が食べるようなものね」と言われたりもしています。

よく噛んで食べることには、こんな効果があるんですよ!

よく噛むことにより、だ液の分泌が促され、食物の消化を助け、
胃腸の負担を軽くするんです。
胃の不快感を感じることってないですね。

また、脳を刺激し、満腹感を得ることができます。逆に、あまり噛まずに早く食べると、
満腹感を感じた時にはすでに食べ過ぎの状態になってしまいます。
そのためカロリーのとりすぎから、肥満の原因につながると言われています。

肥満大敵、好く噛んで食べましょう。

最後に

バナナは、ビタミンやミネラルが多く栄養価に優れた食品だとは
お分かりいただけましたよね。

実は私、バナナがこんなに栄養価が高い食品だとはこれまで知りませんでした。

手軽に買えるバナナをもっと早くから利用すれば良かったと反省しています。

血糖値は上昇するけど、下がりやすい食品だということも理解出来ましたよね。
1日の摂取量80Kcal、バナナ100gを守って食べましょう。

パンをバナナに置き換えた私の朝食、1ヶ月過ぎた結果が楽しみです。

お互い患者同士良い情報を得ながら治療に取り組みましょう・
合併症にならないことに気をつけて。

スポンサードリンク

 - 糖尿病