元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

神社初詣の作法!知らないと恥をかきますよ!?

      2017/12/11


新らしい年を迎えると毎年私は、家族みんなで

神社に初詣に行きます。昨年のお礼と今年も家族皆の

”健康と幸せをお願いします”と参拝するのです。

 

こんな時、毎年気になることが「作法」を知らないで、

参拝している人が年々多くなってきていることです。

参拝

神社参拝の基本は

神様に対して失礼にならないように、心を清め神様に対面し

敬虔な気持で日頃の感謝を捧げ、真摯な思いで願いを伝え

謙虚な態度で神意をお伺いすることとあります。

それで、

お節介ではありますが「神社初詣の作法」についてまとめました。

 

あなたは大丈夫ですか?作法守れていますか?

もしあなたが、作法を知りたかった!今更誰にも聞けない!

とお思いであれば、

  1. 神社の鳥居の前に着いたら
  2. 参道の歩き方
  3. 手水舎の作法
  4. 社殿の前での参拝

について私と一緒に学びましょう。

 

神社参拝の作法について

鳥居

1.鳥居前に着いたら

くぐる前に軽く一礼します。

これは神様に対しての挨拶です。

 

2.参道の歩き方

鳥居から参道神殿につながる中央部は神様の

通リ道なので真中を避け端の方を歩きます。

 

3.手水舎の作法

手洗い

ここは参拝前に身を清める場所です。

作法としては、まず柄杓を右手に持ち水をすくい、

左手を水ですすぎます。

 

次に柄杓を左手に持ち替えて、左手と同じように、

右手をすすぎます。

次に、柄杓を右手に持ち替えすくった水を左手、手の平に溜め

その水で口をゆすぎます。

 

最後に水を溜めた柄杓を垂直にして柄杓の柄の部分に水が、

伝わって落ちるようにして柄杓を洗います。

 

4.社殿の前での参拝

社殿

社殿の前に立ち鈴があればそれを鳴らし、お賽銭をお賽銭箱に入れ

「二拝・二拍手・一拝」の作法で参拝します。

 

先にお賽銭を入れ、鈴を鳴らさないでくださいね。

ここの間違いを多く見受けますので。

 

90度近く腰を折、深くお辞儀をします。

これを2回で二拝です。

この時頭を下げ神様に敬意を払ってください。

 

次に二拍手です。

胸の位置ぐらいで合掌して右手を手前にずらし拍手します。

これを2回で二白手です。

 

最後に一拝します。

この流れ「二拝・二拍手・一拝」が神社参拝の作法です。

 

この作法で、はじめて参拝される方で、長くなる場合は

他の参拝者に迷惑になるので、左端にずれて行ってください。

 

この「二拝二拍手一拝」の作法が一般的な作法とされていますが

神社によって異なる場合があります。

代表的な例ですが、出雲大社では「二拝四拍手一拝」です。

 

このようにローカルルールがある場合はその作法に従った方が

よいでしょう。

 

また、願掛けをする場合は、二拝して合掌する時に自分の

住所、名前を言いお願いし、二拍手一拝の順に参拝すると良い

と聞いています。

 

最後に

日本人にとってお正月の重要な行事の一つである「初詣」

神社参拝での作法いかがでしたか?

面倒くさいな!と思いませんでしたか?

 

正しい参拝作法にこそ、神様はお答えになります。

あなたが「今年も良い年でありますように」とお参り

されるのであれば作法守ってくださいね。

 

私は、神を信じ毎年お参りしているので、お陰様で

健康で楽しい生活が送れています。

あなたにとって、今年が良い年でありますように祈っています。

スポンサーリンク

 - 知識