元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

神社に供える賽銭の金額!?決まりってあるの

      2015/10/23


歳を取ると、まだまだずっと先の事が気になり、ひとり者の私は姪達に「ねえねえ〇〇に行くのは何時だったっけ」とか「来年の三神社参りは何処にする?」など電話をしまくり嫌がられること度々です。

祖母や母に、「感謝する姿勢と精神が大事だよ!」と育てられた私は、「神様、仏様」に見守られて生活していると信じているので、ふと気になったのが「神社にお参りする時のお賽銭」の金額です。

これまでお供えしていた金額で良かったか?と…気になるのは歳のせいでしょうか?
なので、お賽銭に決まりあるのか?について調べてみることにしました。

いつまでもいつまでも神様に見守られていたいので

1e2bc4ef0cd168e62fcca071512e0cb7_s
私と同じくお賽銭の金額が気になっている貴方、一緒に見ていきましょう。

賽銭の金額は、いくらお供えすればいい

気になったら早速行動開始です。周りの人に尋ねたり、ネットで調べたりしました。

ネットで調べていると、私がふと気になったように、お尋ね欄にお賽銭はいくらお供えするする?金額は多い方が良いの?という質問が多いのに驚いたと同時に、私と同じことを気にされている方がいるのにホットしました。

調べた結果は、お賽銭の金額には、決まりは無いと言われています。金額を多くお供えすれば、願いは叶えられる?と言うことでもありませんでした。

ふとこれまで、お供えしていた金額のことが、気になってネットで調べたのですが、決まりは無いということに安心している私です。

決まりがないってことは

お賽銭は、金額を多くお供えすれば、願いは叶えられる?と言うものではなく「金額が高ければ高いほどお願いを聞いてもらえる」いう考え方も間違いであると言われています。

お賽銭は、「お願いを聞いてほしいから供える」のではなく「神様からいただいた幸せに感謝する」というあなたの気持ちなんです。なので、あなたがその時お供えしたいと思った金額が一番なんですよ。

あくまでもその人の気持ちが大事!無理のない程度に供えるのがベストです。だから、お賽銭の金額には、決まりは無いのです。

それでは次に、神社にお参りする時、賽銭を何故お供えするのか?その意味を知ることが大事なので、調べました。あなたの参考になるでしょうか?その応えをご覧ください。

スポンサーリンク

神社にお参りする時の賽銭の意味は

現在、神社にお参りするとき、お賽銭箱に金銭を入れてお供えしていますね。このように金銭でお供えすることが一般的になったのは、そんなに古いことではありません。

金銭を供える以前は、海や山の幸が供えられていたそうです。

日本人は、昔から人にものを頼む時には、先に贈り物をする習慣があります。

神様にお願いするときも、ただお願いするだけでは、ご無礼に当たるだろうという素朴な人間としての気持ちから、お供えものが賽銭へと、変わってきているのです。

その賽銭は、あなたが神社にお参りした時のお願いごとに対してお供えするのでなく「お願いごとが祈願成就した感謝の印として」神社の神様にお供えする金額のことでだと言われています。

本来は、感謝するために、神社やお寺に参っていたのが、いつの間にか利益を頂くために「賽銭を供える」と考える人が多くなっているようです。

見返りを求めない心(気持ち)で、お賽銭をお供えすることに意味があるといわれています。

スポンサーリンク

ここで又、私がやっている、お供えの仕方について、正しくやっているかが気になり調べたので、一緒に見てみましょう。

お賽銭の供え方

あなたはお賽銭をどのようにしてお供えしていますか?
お賽銭を遠くから無理に投げ入れるのは礼儀違反になります。そっと丁寧に「お供えする」心構えで投げ入れる事がベターです。こんな、礼儀違反をやっていませんか?

それが、私…やっていたんです。
人・人・人で混みあう中、感謝の気持ちは持ち続けているものの、遠くから投げ入れたことがあったように思います。

なので、この記事書きながら「失礼しました、ごめんなさい」を言い続けています。

次に、もう一つお供えについて学んだことは、硬化でお賽銭をお供えするでなく、お札でお供えする時には、新札を封筒に入れて、そっとお賽銭箱に入れるのが正しいやり方だそうです。

気をつけましょうね。私には、お札をお供えする余裕がないので、お札をお供えするなんてことはありませんが…。(神様・仏様ごめんなさい。)


お賽銭の金額に決まりはない!あなたが、神様からいただいた幸せに感謝して「お供えしたいと思った金額が一番なんですよ」とお伝えしていますが
そのお金に「縁起をたくしてお供えする」という風調があることをあなたは、ご存知ですか?

金額に決まりはないと言っても、その金額が思いを乗せやすいものであれば、
一般的に使われる語呂合わせにこだわってみるのも1つの手です。

最後に、一気にこのお金に持たせる意味の語呂合わせを見ていきましょう。

5円玉の魅力その意味は

  • 5円:1枚
    「五円」と「ご縁」をかけて「ご縁がありますように」
  • 10円:2枚
    2枚の五円玉を重ねることで「重ね重ねご縁がありますように」
    ネガティブ意見として「ご縁が遠のく」という考え方もあります
  • 15円:3枚
    15円(じゅうごえん)と「十分ご縁」をかけて「十分ご縁がありますように」
  • 20円:4枚
    4枚の五円玉で「よいご縁がありますように」
  • 25円:5枚
    25円(にじゅうごえん)なので「二重にご縁がありますように」
  • 30円:6枚
    「安定と調和のとれたご縁がありますように」
    「6」という数字が使われる「六角形」には、安定と調和をもたらす
  • 35円:7枚
    「3」と「5」で「再三ご縁がありますように」
    一方で、「散々なご縁にあってしまう・・・」というネガティブな意見も
  • 40円:8枚
    「末広にご縁がありますように」
  • 45円:9枚
    「4」と「5」を合わせて「終始ご縁がありますように」
  • 50円:10枚
    「五重の縁がありますように」この場合は50円玉一枚を使うことが多いようです

5円を組み合わせることで、上記のような読みが生まれるんですね。この読みを知ったら、誰だって、5円をくみあわせてお供えしますよね。まだまだつづきます。5円を11枚に進みますね。ご覧ください。

  • 11枚(55円)
    お賽銭を「午後(ごご)」に投げることでご縁がある
  • 13枚(65円)
    「ろくなご縁にあわない」というネガティブな意見
  • 15枚(75円)
    「泣くようなご縁にあってしまう」という、これもネガティブな意見
  • 17枚(85円)
    「8」と「5」で、「矢継ぎ早にご縁をうけられる」
  • 19枚(95円)
    「苦しいご縁にあう」
  • 21枚(105円)
    「百(盛)り沢山のご縁がある」や「十分にご縁がありますように」
    一方で「当分ご縁がない」という意見も
  • 23枚(115円)
    「115(いいご)」で「いいご縁がありますように」
  • 25枚(125円)
    「十二分にご縁がありますように」

如何ですか?5円の組み合わせが多くなる度に、読みの縁起も膨らんできますね。あなたはどの組み合わせを選びますか?
それが、まだまだ良いご縁に巡り会いたい強者がいますよ。紹介しますね。

お賽銭によいご縁を狙う強者

5円玉4枚で「よいご縁」の意味がありますが、中には415円を使って、「良いご縁」をお願いする人もいるって事がわかっています。
全部5円玉で用意するわけではないようですが…。

更に485円が出てきました。
「四方八方からご縁がありますように」と言う強い意味を持つ485円です。あなたは5円を485枚集めて良いご縁をねらいますか?私の考えはご縁を欲張らないことです。

5円玉は縁起が悪い・・・という意見

一般的にお賽銭に5円玉を使うことは縁起が良いと言われていますが、逆に「5円玉は縁起が悪い」と考える人もいます。

その理由は、5円玉には穴が空いているため、「穴からご縁が抜けてしまう」という考えからです。

あなたは、どっちを選びますか?良いご縁には巡り会いたいですよね。選ぶのはあなたです。

最後に…

お正月の神社参拝は恒例になっている私です。
感謝・お礼の気持ちでお参りし、今年もよろしくお願いしますと、これまで参拝していましたが、今回ふと賽銭の金額のことが気になり以下のことについて調べてみました。

  • 賽銭の金額は、いくらお供えすればいい
  • 決まりがないってどんなこと
  • 神社にお参りする時の賽銭の意味は
  • お賽銭の供え方
  • 5円玉の魅力その意味は
  • お賽銭によいご縁を狙う強者
  • 5円玉はえん起が悪い

私の場合、賽銭の金額、お参りする時の賽銭の意味については、調べたことと同じように出来ていたとので、嬉しく思っていますが、お供えの仕方に、ついて、お賽銭を元気よく投げ入れていたので、礼儀違反だったと反省しています。

あなたの場合如何でしたか?
まとめると、感謝する気持ちで神社に参拝することでしたね。

私は、神様も仏様も目には見えないけど、私達を見守っていてくださっていると信じています。

なので、毎日神様、仏様だけではなく、周りの方々に対しても、この年令になると「おかげさまで、お世話になります、ありがとうございます」の気持ち(言葉)をはっきりと相手に届くように発しています。

スポンサーリンク

 - 生活