元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

足のむくみはツボで解決?足裏ならここを押そう!

      2015/11/26


私は、若い(30代)頃から、足のむくみに悩まされていました。悩まされていましたって過去形になって、今は良くなっているの?と思われるでしょうが、良くなってはいません。

今でも、足のむくみには、悩むことがありますが、悩まされないように、足のむくみを緩和するための努力を毎日入浴後に行っているので、悩みが少なくなっているのです。

その方法とは、ツボを意識した足裏マッサージです。75歳になる今まで本当に色々な解消法を試してきましたが、一番効いたのはこのツボ押し!そう断言出来ますね。

115610

今回は、私と同じように足のむくみに悩まれている貴方に、そのツボとマッサージの方法をご紹介します。

足のむくみを解消する4つのツボ

私はこの、足のむくみの解消に関わる4つのツボを教えてもらいました。教えてもらった通りのことを毎日入浴後やっています。

その為、前にもお知らせしていますが、あしのむくみが緩和され、悩みが少なくなっているのです。

それでは「ツボの種類と刺激を加えるポイント」について説明します。

  • 腎臓の働きを正常化する「足心(そくしん)」
  • 足裏の中央にあるツボです。水分量を正常化する腎臓の働きを活発にします。痛みを感じる程度まで親指で強めに押してから、ゆっくりと離すことを左右とも10回ほど繰り返して刺激します。

  • 血行を促進する「心臓(しんぞう)」
  • 左足の中指と薬指の間からかかと側へ5cmほど下にあるツボで、右足にはありません。血液の循環を促進し、下半身のむくみを解消します。

    親指を心臓に当てて、足の甲側から残りの指で支えて挟み込み、押しほぐします。

  • 筋肉疲労を緩和する「湧泉(ゆうせん)」

    足裏の中指の下辺り、足を丸めた際に中心より上にくぼみができる場所にあるツボです。血流を改善するとともに、筋肉疲労の回復にも効きます。

    手の親指の腹を使って強めに3秒間押し続け、指をゆっくり離して3秒間待つという動作を湧泉が温かくなるまで、左右とも5回ぐらい繰り返します。

  • 水分の代謝を助ける「水泉(すいせん)」

    足首にある内くるぶしの斜め下、内くるぶしとかかとのちょうど間にあるツボです。身体の水分代謝を促進します。

    ホルモンバランスを整える効果も期待できるので、生理中に足がむくみやすい方にオススメです。

    両手で包み込むように足首を抱え、親指を水泉に当て軽めにやさしく押しもみほぐします。1分程度押し続け、ゆっくり離す動作を左右とも5回ほど繰り返します。

私は、「膝から下を切って捨てたい!あぁもうこんな足いらない!」と毎日悩んでいた時だったので直ぐに、「4ツのツボ」に取り組みました。

直ぐにと言っても「ツボが何処にあるか説明だけではわからなくて」、を買って探しました。楽になりたいと一生懸命でしたから。

※注として下記の説明があったので、貴方にもお知らせしますね。

スポンサードリンクス

自分のツボは自分で探す

お伝えしたツボの場所はあくまでも目安です。

ツボのある位置は人それぞれ異なるため、ツボ周辺を自分で揉んだり触ったりして見つけていくしかありません。

冷えていたり、凹んでいたり、痛みがあるポイント、それがあなたのツボです。

このように「自分のツボは自分で探す」と説明されていますが、私は説明の通りでは、探せませんでしたので、本を買って調べたのですが、今はネットでしらべることも出来ますので挑戦してみてください。

又「あしツボマッサージ」を教えてもらったとき、「ツボ押しのコツと注意点」について教えてもらっていたので、紹介する私も、教えてもらったことをお伝えします。とっても勉強になったので。

08b78acd9cc77332cc96e33335e89162_s

効果的なツボ押し・ツボマッサージのコツ

貴方が不快感で悩んでいるところを貴方の指で解消するためのコツです。ツボの効果を引き出すためのコツをご覧ください。

  • 床に座ってマッサージする場合は
    一方の足を反対側の太ももにのせます。
    力を入れてツボ刺激ができるように、安定した姿勢をとりましょう。
  • ツボを押すときは
    息をゆっくりと吐きながらツボを押し、力をゆるめるときに息を吸いましょう。
  • 身体が温まった状態で行う
    ツボを刺激すると血行を良くする働きがあります。入浴後、身体が温まった状態で行うことが、効果を期待できます。
  • スポンサードリンクス

    足裏を刺激する時の注意点

    ツボ押しは身体の状態によっては悪影響になることもあります。以下にあてはまる方は足のツボ押しを控えましょう。

  • 妊婦さんや子ども、お年寄り
    妊娠中の方や、子ども、お年寄りには刺激が強すぎることがあります。
  • 飲酒後や足に怪我がある人も要注意
    アルコールが入っている方や、足に捻挫や骨折などの怪我を負っている方は足ツボ刺激をしてはいけません。
  • 上記に説明されている「コツと注意点」についてよく理解され、ご自分の身体と相談しながら、いろいろなツボを探して足のむくみを解消されてくださいね。

    最後に

    足のむくみを解消するための「4つのツボ」を紹介しましたが、私にとってとっても効果があるんです。入浴後毎日取り組んでいます。

    ツボを探すのに一苦労しますが、説明されている部分を指で押していると、とっても気持ちがいいツボに出合います。諦めずツボ探してくださいね。

    どうしてもツボが探せないという貴方はこちらの足ツボ図解をご覧ください。

    取り組まれる時は、注意点として、妊娠中の方や、子ども、お年寄りには刺激が強すぎることがあるので、くれぐれも注意されてくださいね。

    スポンサードリンクス

     - 健康情報