元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

履歴書の志望動機は!勤めたい気持が伝わるように書くことです!

      2017/12/11


転職希望の友達が、履歴書を出せど出せど

採用してもらえない!と悩んでいたので

『履歴書志望動機の書き方』について

書いて見たいと思います。

履歴書は、就職活動のための基本書類です。

履歴書

履歴書の記入は、「志望動機」に限らず

「資格が活かせるなら、就職できれば何処でもいい」という感じを

提出先に与えないように書くことが最大の注意点です。

「貴社に勤めたい」」という気持が伝わるように、強調して書くことです。

 

なぜ、あなたが希望する、この会社に就職したいと思ったのか?

あなたが、今までやってきて身についたことが、希望する会社でどう活かせるか

丁寧に書けばOKです。

 

志望動機の書き方

履歴書

企業の人事担当者や面接官は、就活生の履歴書を何千、何万と、

見てきたプロです。就活生が企業をしっかり研究しているかどうかは、

志望動機を見れば直ぐにわかってしまいます。

 

どの企業にも適用するような志望動機を書いては、採用してはもらえません。

就職したい企業をしっかり研究したうえで、自分の思いをきちんと

書きましょう。

 

貴方が志望する企業のリサーチについての重要性について説明しますね。

 

企業のホームページに書いてある言葉を志望動機にそのまま引用してはダメです。

人事担当者や面接官はすぐわかります。

その企業の特色や方向性をしっかりリサーチして、自分はなぜこの企業が

取り扱っているサービス・商品に興味を持ったか?の思いや考えをまとめるのです。

 

ホームページを眺めるだけでなく、沿革により企業が歩んできた道のり・競合、

他社との比較などをしっかり研究することですよ。

 

また、希望する会社にあなたの知り合いの方が、働いていませんか?

学校の先輩とか、親戚の叔父叔母さんの知り合いとか、友達の知り合いとか?

アンテナを張巡してください。

 

その会社で働いている知り合いから情報を得ることは、企業を知る手段としても

会社を研究する上でも、あなたの志望動機を高める上でも、有効なものです。

できれば、就活中にできるだけ多く会って、話を聞くことをお勧めします。

 

人事担当者や面接官は、あなたのココを見ています。

人事担当

会社が求めている人材を理解しているか?

過去の職務経験を当社でも活かせるか?

会社で、具体的に何がしたいのか?何が出来るのか?

 

会社に入社したい意欲を感じ取れるか?

将来のキャリアビジョンが明確で当社で達成出来るか?

会社の採用ニーズにマッチした人材なのか?

 

書いたあと読み返す時、上記が伝わるように書けているか?

しっかり見直してくださいね。
 

最後に

郵送・提出マナーについて書いておきます。

1.封書の書き方

・住所は都道府県から正確に記載し、社名は(株)などの略字は
いけません。

・封筒の表面左下に「応募書類在中」又は〇〇職応募職在中」と記入して
置きましょう。

・封筒の裏面に自分の住所、氏名を忘れなく書きましょう。

(やっと書けたと安心して大事なことを書き忘れしている人が多いようです。)

・切っては真っ直ぐに貼ることが常識です。気をつけてください。

 

2.提出時のマナー

・書類に折り目がつかないように定形外の封筒使用しましょう。

・書類に汚れがつかないようにクリアファイルに挟んで封筒に入れます。

・郵便料金が不足しないように、郵便局で重さを計ってもらい、切ってを求めて出します。

・メールでの連絡が可能であれば、送付したことをメールで知らせることもアピールにつながります。

 

以上私が気付いたことを書きました。

就活の成功を祈っています。

スポンサーリンク

 - 知識