元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

花粉症の目のかゆみ対策は?メガネで勝負!

      2017/12/11


あぁ~目がかゆい!涙が出るっ!…。突然やってくる花粉症と、毎年付き合っている私です。75年も生きていると突然では無いんですね。

今では、そろそろやってくるなぁ~~と待つようになっています。この待つ間に「目のかゆみ対策」の準備をするんです。この準備が結構楽しくなっているんですよ。

DSC00311

今では、待つようになっていると余裕のあることを言っていますが、待つようになるまでは、目のかゆみに悩まされ続けていました。

スポンサーリンク

目医者に通院するものの、治療は目薬、1日4回の指示、指示の通り治療に取り組んでも、かゆいのは一向に治りません。

なのでつい、手で掻いてしまう。結果結膜炎になる。このくり返しが何年続いたでしょう。

私の青春時代には、まだ花粉症なんて病名は無かったように思います。それから???年の月日が過ぎ、ここ20年位花粉症と戦っているんです。

それで、今日は私の「目のかゆみ対策」について、花粉症で目のかゆみと戦っているあなたに、私の余裕振りを紹介します。暫くの間私とお付き合い頂けませんか?一緒に見ていきましょう。

私は既にアレルギー体質について(パッチテスト、血液検査)を行い、アレルギー体質であることが分かっているので、花粉症対策は、「目のかゆみ」だけではありません。

鼻、耳もかゆいのですが、春が近くなってくると一番にやってくる「目のかゆみ」対策について今回はお届けします。

「目のかゆみ」対策について

目のかゆみの原因は、目やまつ毛に付着した花粉が原因なんですね。

花粉症はある日突然発症します。それは、体内で花粉に対する抗体が蓄積され、それが一定の量を超えた時に発症するといわれています。

それで、花粉症が始まる前に行う対策として、花粉が飛び始める2週間ほど前から、「初期療法」として、抗アレルギー薬の服用を私は始めます。これを毎年行うことで、症状を軽減させているのです。

花粉症で目のかゆみ症状に悩まれている方は、花粉飛散情報に注意して、早めに眼科を受診し初期療法を行いましょう。

花粉が飛散するシーズンになったら

天候や時間によって異なる花粉の飛び方の特徴を知っておくことが最も大切です。毎日の花粉情報などのチェックが大切になります。

毎日の花粉情報などのチェックすることで、アレルギーの原因となる花粉との接触を避けることが出来るんです。このように、基本的な気配りを日頃から行うことで、花粉症症状の予防・軽減につながるのです。

50年以上花粉症と付き合っているので、以上のような初期療法を行うことで、花粉シーズンを明るく過ごすが出来ています。

そのため、花粉症で目のかゆみを防ぐには、屋外ではメガネをかけることが最も効果があるんです。目に「マスク」をするような状態です。私は自信を持ってこう伝えることが出来ます。

自信を持って伝える理由として

花粉症で「目のかゆみ」対策のメガネは、レンズの周りがゴーグルのように覆われているところです。ゴーグル状に目を覆う構造が直接目に入る花粉やホコリを遮断する役目をしてくれるのです。

メガネと出会うまで、何年かかったでしょう。

メガネと出会うまでは、周りから教えられたこと、ネット検索で知ったことなど、下記のことを毎日一生懸命やっていました。

  • 目についた花粉やほこりなどの異物を取り除くのに、目を洗う
  • 花粉症時期は目に負担をかけないよう、長時間連続してパソコン作業を行わない
  • かゆみがつらいときは、冷たい水でしぼったタオルを目に乗せて冷やす

これは一時のかゆみを止めることで、明日になれば又かゆみはやってくるんです。

それが「花粉症対策メガネ」に出合って、メガネが、花粉や粉じんの侵入をカットしてくれるので、夜になってもかゆいことがなくなったんです。

  • 目を洗うことをしなくてよくなった
  • パソコン作業も他の方と同じ時間できるようになった(このことが一番嬉しいことです。)
  • 冷たいタオルで目を冷やすこともしなくて良くなった

メガネって凄いでしょう…

スポンサーリンク

花粉症対策メガネは花粉や粉じんの侵入をカットしてくれます。このカット率によってメガネの使用度が違ってくるので、選び方について私の経験からお伝えしますね。下記をご覧ください。

花粉症対策メガネの上手な選び方

花粉を防止するメガネは、目に入る花粉を減らすために、レンズの周りのフレームが顔にフィットする、立体カバーつきのメガネなんです。

各メーカーから沢山発売されています。

DSC00315

花粉を完全にカットするためには、メガネと顔の隙間をしっかりとガード出来るメガネでなければいけません。しっかりとガード出来ていないメガネは、花粉や粉じんの侵入を100%守ってはくれません。

100%まもってくれるとは、言い切れませんが、今は色々な研究で98%近く花粉を防止出来るような結果が出ています。私も外出時には、メガネを使用していて、「かゆみ」から開放されています。

それで、花粉症対策メガネメーカーを紹介します。私は、JINSさんのメガネを使用していますが、数店ありますので、その中から3店を紹介します。比較しながらあなたのお気に入りをお探しください。

メガネ店を紹介します

ゆっくりご覧になってあなたに合うメガネをお探しください。

花粉症対策メガネ・JINS

花粉対策メガネ・OMG

花粉対策メガネ・ゾフ・エア・バイザー

これ!っと決まったら、メガネ屋さんに行って、店員さんと相談され、お店に置いてあるものをかけて見てメガネと顔の隙間を確かめてくださいね。一人ひとり顔の輪郭は違うので。

私は決めるまで、10回以上はお店に足を運びました。かけたり、外したり、お店の方に見てもらいながら、私の顔にピッタリ合う、隙間のないメガネを選んでいます。

お気に入りのメガネを選ぶこと出来ましたか?花粉症対策メガネはこんなに多く発売されていることを知って頂いただけでも、勉強になられたと思います。

ここで、もう一つお伝えしたいことがあります。それはメガネとマスクの併用についてです。

DSC00309

マスクとメガネの併用で花粉を遠ざけましょう

花粉を付着させないためには、屋外では「メガネ」をかけると伝えていますが、花粉がひどく飛んでいる時には、マスクをして保湿、保温することで症状が緩和されます。

又、マスクが鼻の中に入る花粉の量を減らしてくれるので、花粉がひどく飛ぶ時期にはメガネとマスクの併用で緩和されたのでした。

花粉がひどく飛ぶ時には、あなたにもメガネとマスクの併用をおすすめします。

「マスク」「メガネ」は花粉との接触を避けるための外出時の必須アイテムです。また、湿ったガーゼをマスク内側にはさむと花粉侵入と、のどの乾燥防止に役立ちますのでお試しください。

最後に

花粉症で「目のかゆみ」と戦い続け、色々と試した結果「目のかゆみ」には、メガネ良い!ことを私の経験から伝えてきました。

メガネに出合うまでは、長い長い月にでした。今では、花粉の侵入をカットしてくれるメガネが研究され、各メーカーから出ているので、花粉症メガネ対策も手軽に行えるようになっています。

手軽に行えるようになったと言っていますが、メガネ選びには、慎重に取り組んでくださいね。あなたの顔にピッタリ合う、隙間のないメガネを選ぶことです。

そうすれば、花粉症で目のかゆみに悩むことも軽減されるでしょう。

良い時代になリましたが、メガネは正しい選び方、正しい使い方に気をつけてくださいね。これでも目のかゆみが治まらない時には病院で診てもらうことをお勧めします。

そして最後に、花粉症とは、花粉が原因となって引き起こされるアレルギー性の病気と言われています。なのであなたの体質を知ることも大事なことだと思います。

スポンサーリンク

 - 医療