元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

結婚式の招待状を送る時期!いつ頃がベスト!?

      2017/12/11


結婚式の招待状は、何日前に出したらいいか、その時期って悩みますね。。。。

早すぎても、受け取ったゲストは、予定が立てられないだろうし、時期が遅すぎると

ゲストは急な話で、予定が入っていて困ってしまわれるだろうし。。。

 

この様に悩む人って多いのではないでしょうか?

結婚式に参加して頂くゲストには、適切なタイミングで招待状を送りたいですよね。

 

招待状

我が家でも29歳になる孫が、目出度く婚約相整い、結婚式の準備に取り掛かっています。

準備期間が足りなくて毎日バタバタしています。

私の結婚式は何十年も前に、親族中心の結婚式だったので参考になりません。

 

そこで今どきの会社勤めの方に「結婚式の招待状を出す適切な時期」について調べたので

紹介します。同じことで悩んでいるあなたに参考になったら嬉しいです。

一緒に見て行きましょう。

スポンサーリンク

招待状を送るベストなタイミングは?

一般的に結婚式の招待状を送る時期は2ヶ月前だと言われています。

この時期は、挙式、披露宴の規模や費用の概算が決まり、それと同時に招待したい

ゲストを絞り込む時期にあたります。

 

この時期がよい!という理由は?

招待するゲストにとって、2ヶ月前なら予定が立てやすい点と、新郎新婦にとっては

予定していたゲストから欠席の連絡がきても別のゲストに声をかける時間の余裕が持てる

からです。

 

招待状を遅く送る場合の対処法

「人数調整」であらためて呼ぶことになったゲストへの対応です。

職場関係や友人関係などでの調整をする場合は、「◯◯さんのところは1ヶ月前に

招待状が届いたらしい….」などという情報はまわりやすいものです。

 

あとから招待するゲストへは、あくまでも

「新郎新婦側の手はずが遅れて申し訳ございません」という姿勢で出席の確認をしたうえ

招待状を送りましょう。

 

間違っても「出席者が予定より減っちゃって….」などと言ってはいけません。

だれを招待するかよく考えて、ゲスト同士のトラブルに発展しないように

気をつけましょう。

 

招待状を送る時期についてはこれで問題無し!

だけど….その招待状そのものに問題があったら折角送った招待状も台無しに

なっちゃいますよね。

 

招待状を送る前に注意しておいた方がよいポイントを簡単に

見ておきましょう。

 

招待状を送る前にすること

招待状の準備は、式場などを通して外注する場合と、すべて自分たち二人で行う場合

があります。費用や手間のかかり方が異なりますが、いずれの場合でも気をつけて

おきたい点を紹介します。

 

失礼にならない大事な点です。気をつけて見て下さいね。

 

住所・氏名のチェックを万全にしましょう。

何十人にも及ぶゲストの住所と名前のリストです。

「知り合いだから大丈夫」と油断していると名前の漢字を間違えたり、住所では

転居しておられたり、住所の表記が変更になったりしておられる方は多いものです。

 

送る場合は、念には念を入れてチェックをしましょう。

できれば一人でのチェックでなく、二人でお互いにチェックしあったり、親戚リストは

両親に確認してもらうと間違いがおこりません。

 

おめでたいお知らせなので間違いは「水を差す」こととして禁物です。

スポンサーリンク

事前に出席の確認をしておく

やっと絞り込んだリストです。

このリストの人数と実際の出席者との誤差を最も少なくするためには、事前に

出席者に打診をしておくことがポイントです。

 

又、連絡もなく突然招待状を送りつけることはも「人数あわせかな?」と思わせてしまい、

あまり良いものではありません。

新郎新婦側に取っても、ゲスト側にとっても気持ちのよい状態にするために事前の確認

最も大切なところです。
 

結婚式の招待状を手作りするなら

カード

結婚式の招待状を手作りにする新郎新婦が多くなっています。招待状が手作りされていると

受け取ったゲストの方も温かい気持ちになりついニッコリされるでしょう。

そんな手作りの招待状を作り時のポイントをまとめてみました。

 

1.会場の雰囲気に合わせたものを作る

結婚式は会場によっても雰囲気は大きく変わります。

一流ホテルや純和風のホテルの場合は、しっかりした雰囲気の招待状を送るべきですし、

ちょっとしたパーティールームなどで行う場合は、カジュアルな雰囲気の招待状でも

問題ありません。会場の雰囲気に合った招待状を作るようにしましょう。

 

結婚式場招待

2.季節を感じさせる招待状をつくる

結婚式を開催する時期に合った招待状を作ると、とっても素敵な招待状になります。

 

3.二人らしさがみれる招待状を作る

ゲストに喜んでもらうことはとても大切なことですが、最も大切なことは新郎新婦が

幸せな結婚式がおくれることです。

新郎新婦らしさがしっかりと出る招待状を作りましょう。

 

最後に

結婚式の招待状を送る時期についてお届けしました。

結婚式の準備はできるだけ早めに取り掛かり、ゲストへの招待も余裕をもって行う

ように心がけてくださいね。

 

結婚式の招待状は、ゲストにとって新郎新婦から届く初めての幸せのメッセージです。

工夫したり、気配りをすることで招待状を受け取るゲストも、とっても幸せな気持に

なられます。

 

結婚式は一生に一回のものです。

新郎新婦にとっても、参加して頂くゲストにとっても良い結婚式になるように

準備を進めましょう。

 

お幸せを祈ります。

スポンサーリンク

 - 知識