元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

ゴーヤの冷凍保存方法!私のやり方を写真付きで詳しく解説するよ

      2018/07/21


78歳管理人の私は、田舎育ちで夏になると祖母の料理で、毎日と言うほどゴーヤは、食べていました。

裏の畑に行けば、ゴーヤが、びっしりなっていて、その日のうちにちぎり料理をし、又次の日は畑からちぎって食べると言った生活でしたが…

大学進学と同時に都会に住むようになると、野菜の保存方法に、気を配らなければいけなくなりました。(これは50数年前のこと。)

常温での保存だけしか、経験していなかった私が、都会に住むようになったと同時に、炊事場に冷蔵庫が、ドンと座ったのです。

食べるものは、自分で料理しなければいけなくなりました。

毎月の仕送りの中からの生活がはじまったのです。それで野菜を無駄にすることは出来ません。

これまで経験していなかった、冷蔵保存・冷凍保存の方法も、生活の中からと、リサーチしながら学んでいきました。

それで今回は、私が得た情報を、独自のリサーチに合わせてシェアしますので、「ゴーヤの冷凍保存方法」について知りたい貴方、チェックして行ってください。一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

ゴーヤの冷凍保存方法

食べきれないほどの大量のゴーヤは、冷凍保存で常備しておけば、栄養豊富なゴーヤをいつでも食べることができるので、とっても助かるんですよ。

冷凍保存方法には、下記2つの方法があります。

  1. 生のまま保存する
  2. 茹でてから保存する

早速この方法をチェックしてみましょう。

1.ゴーヤを生のまま冷凍保存する方法

生のままの保存は、下記の順序で行ってください。

1)ゴーヤをよく洗って、縦半分に切り、中のタネとワタを取り除きます。

2)好みの大きさに切ります。おすすめは薄くスライスすることです。

3)フリーザーバックにいれて平らにならし、空気をよく抜いてから冷凍庫に入れます。

生での保存方法は以上になります。保存期間・賞味期限は:1ヶ月が目安になるので、無駄にしないようにお使いくださいね。

スポンサーリンク

続いて、ゴーヤを茹でて保存する方法を紹介します。

2.ゴーヤを茹でてから冷凍保存する方法

茹でて保存する方法も、生と同じように縦に切り、中のワタをしっかり取りスライスしてから茹でます。苦味が苦手な人は茹でた後、ちょっと長めに水にさらしておくと苦味が和らぎます。

それでは茹でてから冷凍するときのポイントを紹介しますね。

1)このように、好みの厚さにスライスしたゴーヤを

2)ボールに入れ、塩小さじ2/3をふって軽く塩もみをし、15分ほどおきます。

3)15分過ぎたら、沸騰したお湯に入れてさっと茹でます。

あまり長く茹でてしまうと、ゴーヤのシャキシャキとした食感が損なわれるので、茹でるときは、大き目の鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したお湯に10秒ほど入れすぐに取り出します。

ゴーヤの栄養成分は加熱には強いですが、加熱をしすぎることでその栄養の30%を失うそうです。

又、茹ですぎることで加熱に強いゴーヤのビタミンCが消失してしまうので、茹ですぎないようにご注意ください。

4)茹でたゴーヤは、ざるに移し冷水にさらし冷します。

茹でたあとは素早くザルにあげ、冷水にさらして冷まします。

茹でたままにしておくと余熱で加熱が進み、食感も栄養も損なわれてしまうので、完全に冷めたら水気を以下の方法で、拭きとりましょう。

5)茹でてからの冷凍は水分が出やすくなるので、ザルで水気をきったら、キッチンペーパーでしっかり水気を拭き取ります。

しっかり水気を切っておかないと、フリーザパックに入れ、冷凍したときにゴーヤ同士がくっついてしまい、バラで取り出せなくなってしまいます。

少し手間は掛かりますが、これは冷凍後の調理を簡単にするための大事なポイントです。

スポンサーリンク

丸ごと冷凍すると、調理をするときに包丁が通らないので、スライスしてから冷凍しておけば、冷凍庫から取り出し調理す時、必要な分だけ使うことが出来ます。

忙しいときにも時短で調理でき、とても便利です。

6)しっかり水気を切ったゴーヤは、フリーザーバックにいれて保存します。

薄く広げて入れておけば、いちいち解凍する手間もなく、フリーザパックを押すだけで簡単にバラバラになるので、フリーザパックから、直接出して使えるところが魅力です。

フリーザパックに入れ薄く並べたら、しっかりと空気を抜いてからチャックを閉めましょう。

空気に触れることで傷みも早くなるので、チャックを端まで閉め、ストローを差しこみ空気を吸い出すと、真空パックのようにしっかり抜くことが出来ます。

美味しく食べるには、空気をしっかり抜くのがポイントです。

また、平らにしておく事で冷凍庫のスペースも少なく済み、場所も取らずおすすめです。

調理する際は、解凍せずにそのまま調理してください。

保存期間(賞味期限)の目安
茹でて保存する冷凍ゴーヤの賞味期限は、1か月程度です。

ゴーヤを茹でて冷凍保存するポイントは、しっかり水気を切ってから、フリーザパックに入れて保存することでした。

ゴーヤを冷凍保存していつでも新鮮な状態で食べるようにしましょう。

つぎに、冷凍保存したゴーヤの、料理法について、私がやっていることをお伝えしますね。

冷凍で保存しておいたゴーヤは、使いたい前日の夜に冷蔵室に移しておきます。こうすることで、次の日の夜の食材になります。

私が冷凍ゴーヤを使用する料理は…

  • 冷凍ゴーヤのおかか和え
  • 冷凍ゴーヤと豚肉、ナスのみそ炒め
  • 冷凍ゴーヤの野菜炒め

この3つをよく作ります。

※ゴーやの苦みには、栄養がたっぷり含まれていると管理栄養士さんから聞いているので、健康のためにも安心してゴーヤ料理を作ります。

「ゴーヤの栄養と効果!苦味成分に健康の価値があるよ」

この記事を読んで頂ければ、ゴーヤの栄養と効果がお分かりいただけると思います。

昨日は、「ゴーヤの野菜炒め」を作りました。写真に取っているので、紹介しますね。

冷凍ゴーヤの野菜炒め

冷蔵庫にある野菜を使用してこのように炒めました。前日の夜に冷蔵室に移しているので、解凍出来ていて、このゴーヤをフリーザパックから出し、キッチンペーパーで水気を取ったら、他の野菜と一緒に炒めることができます。

出来上がりをお皿に盛りました。夜に写真を撮りましたので、きれいに撮れていませんが、とっても美味しかったです。冷凍保存しておくことは、買い物に行けなかった時などに、とっても助かるんですよ。

材料は…

冷凍ゴーヤ、人参、ピーマン、タマネギ、もやし、かしわむね肉、油(少々)醤油(一振り)酒(少々)
※糖尿病患者である私は、味付けは自己流です。

※ゴーヤが大好きな私は、つい買い込んでしまうんですが、無駄にすることはありません。冷凍以外の保存方法も含めた特集記事も作成していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。

ゴーヤの保存方法!長持ちさせるコツについて知っておこう

最後に

ゴーヤの冷凍保存方法!いつでも食べることができる手順について紹介しました。

あぁ今日は買い物に行けなかった!夕食は何にしようかな? と困った時に、冷凍保存しておくことで、一品メニューが出来て、とっても助かるんですよ。

私は、ツナ缶やサバの水煮缶は、困った時の一品メニューとして常備しているので、「冷凍ゴーヤとツナ缶」で、即席おかずを作ります。

冷凍は、薄くスライスして固めに茹でて水気を切って、フリーザーバッグに入れて保存することでしたね。

旬になるとたくさん出回るゴーヤです。しっかりと旬を食べつくしましょう。

スポンサーリンク

 - 知識