元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

靴下のたたみ方を特集するよ!長年やっている収納に役立つ方法とは

      2018/12/07


靴下は洗ったら干し、乾いたら取り入れ、たたんで収納しますよね。

この時「右、左」ちゃんと揃えて収納していなければ、あちこちに散らばっていて、いざ履く時になって、探し回った経験ありませんか?

私も、うん十年前、田舎に兄姉、弟みんなで過ごしている時、良くこんなことありましたね。今は一人暮らしなので、こんなことはすっかりなくなっています。

今回は、靴下のたたみ方から収納まで、私の経験をまとめ、お知らせしたいと思います。靴下もうん十年前とデザイン、形など違っていますが。

現在私が使用している靴下でお知らせします。

ゴム口のゴムが伸びない靴下のたたみ方

ゴム口のゴムが伸びないように、たたむことに気をつけていることは

たたむ時、厚みがない! つま先を、ゴム口に入れてたたむやり方なので、

お店から買ったばかりの靴下は

このように包まれて売られていますよね。この靴下のかかとの部分を

このようにたたみ直してから、私の作業は始まります。

それでは、たたみ方の手順を写真で説明しますのでご覧ください。

始めに、秋から冬に向けて好んで履いている、ローカット靴下のたたみ方をお伝えします。

 この靴下を

 最初に、左右の靴下を2枚合わせますが、この時絵柄が上、下になるように合わせ…

次に、履き口(ゴム口)を真ん中よりちょっと下の所まで、持ってきます。

持ってきたら、この↓履き口に下にあるつま先を入れます。 

③ かさ張らないように、丁寧に入れてくださいね。

④ つま先が綺麗に入ったら、ひっくり返します。

すると絵柄が綺麗に出たでしょう。「ローカット靴下のたたみ方」はこのようにたたんで収納しています。

次は、ミドルカット靴下のたたみ方に進みますね。ご覧ください。

⑤ このミドルカット、マーク入り靴下を、2枚嵩ねにします。

⑥ 2枚重ねにしたら、履き口をつま先に向けて、中央位まで持っていきます。

⑦ 履き口が中央まで来たら、つま先を履き口の中に入れます。

⑧ つま先が、履き口に入ったらマークの上下の向きを確かめ、マークが上向きになるようにして収納します。

次は、ミドルカット靴下に全体模様入りの靴下のたたみ方の紹介をします。

⑨ このように、全体模様入りの靴下を

 2枚嵩ねし、履き口(ゴムの部分)を中央にもってきます。

 中央に持ってきたら、つま先を履き口(ゴムの部分)にもっていき

 履き口(ゴムの部分)にきれいにいれます。

 つま先が入ったら、履き口(ゴムの部分)を上にします。

全体に模様入りの靴下だと言うことが一目で分かります。

  
 一目で分かるこの靴下は、取り出しやすい靴下の収納につながります。

一目で分かる靴下靴下の収納

私管理人は、このような靴下のたたみ方をしているので、履きたい靴下を一目で取り出すことが出来るし、つま先を履き口(ゴムの部分)に入れることで、ゴム口が嵩張らず、ゴム口が伸びないことにも役立っています。

このようにたたんだ靴下を、整理ダンスにこのように収納しています。

靴下一足一足が一目で分かるので、その日着る洋服とバランスを保つようにうまく組み合わせることが出来るのは、最高の収納だと思っています。

お気づきでしょうが、真ん中に私のお気に入りの香りがする石鹸を、芳香剤として置いているんですよ。これは管理人の拘りでしょうね。

78歳管理人には、周りの姪達から、「老人だから身なりは若々しく何時までもおしゃれには気を使っていてね。」と口うるさいから、その日履く靴下にも拘りがあるのです。

最後に

今回は管理人が拘っている、靴下のたたみ方と収納方法についてお届けしました。

お読みいただいて、どのように感じられましたか?こだわりの強い管理人だと思われたでしょう(笑い)

前記事で、靴下の「干し方」について、若いママさんたちに教えてもらったことから、靴下に拘りを持つようになりました。

若いママさん達に、靴下について教えてもらう前までは、靴下は消耗品だと思っていたのですね。

このような管理人が一変して、靴下を大事に取り扱う気持ちが生まれ、毎日洗濯しては、次は何をしようかと考えています。

物は大事にする管理人です。命あるまでは捨てない、使用することをモットーとして、電気製品、食器、家具などは、大事に使っているのですよ。

78歳管理人の気持ちをご理解いただいたら、嬉しいです。

スポンサーリンク

 - 生活