元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

玄関マットは必要?小さい家に引越した私が考えたこと・見つけたこと

      2019/02/22


一人暮らし、70代の私は、先日約35年間住んだ分譲マンションから、高齢者マンションに引っ越しました。

引越しのドタバタが一段落して、ふと部屋を見渡したら、思ったより狭く感じられて・・・ (この家に玄関マットって必要なんだろうか・・)って思ったんですね。

玄関マットは必要という人と、要らないという人が、両方いらっしゃることは承知しています。 それぞれに理由があるのだと思います。

私はというと、必要な気もするし、なくてもいいような気もするし、なんとも中途半端な気持ちでおりました。 その後、いろんな人の意見を読んだり、聞いたりするうちに、自分としても考えがまとまってきました。

そんな「玄関マットは必要か不要か」ということについて、必要不要両方の立場から紐解き、また私の考えの変化をお伝えするこ とで、同じように迷っている方のご参考になればと思っています。よろしければお付き合いください。

スポンサーリンク

玄関マットは必要?不要? 両者のポイントをまとめてみた

玄関マットが本当に要るのかどうか、世の中の人はどのように考えているでしょう。両者の意見を考えてみました。

必要だという意見とその理由

●お客様を向かえる場所だから
●インテリアとして美しいから
●室内を清潔に保つため

要らないという意見とその理由

●無い方がスッキリしてきれいに見える
●玄関が狭く感じる
●マットの手入れが面倒
●スロアの掃除が面倒
●足がつまずくことがあり危険

私が悩んだこと

●私は基本的にあった方が好き
●玄関が狭い中、さらに狭く感じないか
●高齢になってきたので、マットの洗濯など管理できるか

結論「玄関マットはお客様のために敷くもの」

私は迷いに迷い、狭い玄関だけど、「お客様を向かえる場所だから、インテリアとして敷きたい」という気持ちが強く、「要る」と結論づけました。

 

「要る」と結論づけたものの、この狭い玄関に玄関マットを敷いて様になるか?という思いもあるので、この高齢者マンションを一緒に下見に来て、契約までの過程を知って要る友に相談すると、友は開口一番…

「貴方にとって玄関マットは必要よ!これまでお客様を迎える場所だから、そして、インテリアとして敷いていたでしょう。この玄関は、敷かなければ殺風景だよ。」と、私の気持ちを見通しきっぱり応えました。

スポンサーリンク

友の応えに、「そうだね、お客様を迎える場所だからインテリアとして敷くのは大事だよね」と私がモットーとしている「お客様を迎える場所だからインテリアとして敷いておきたい」気持ちを貫くことにしたのです。

友のアドバイスで考えたこと

狭い玄関でも、この玄関に合うマットはあるはずだと思えるようになったので、「案ずるより産むが易し」と言う諺が、私の脳裏にひらめき、まず行動することだと、周りの方々に私の思いを伝えていると、とっても嬉しい良い情報が入りました。

その情報は、「オーダーメイド玄関マット」と検索すれば、解決するのでは…と言う知らせに、直ぐに検索すると、玄関マットについての情報がいっぱいで、大きいマットも、小さいマットもあるので、ここで私の悩みは解決出来そうです。

心が決まってからやったこと

このようなことから、新しいマットを用意しなければいけないので、「オーダーメイド玄関マット」と検索続けていると

ダスキンオーダーメイドマット…このようなレンタル会社があること

を知ったのです。

うんこれは良いと思いながらも…

前に敷いていたマットを敷いてみると

この玄関にはこのように大きくて、
夏用

冬用

お客様を迎える場所、インテリアとして敷きたいどころではありません(涙)お気に入りのマットだったのに悲しい思いがしました。

スポンサーリンク

このようなことから、新しいマットを用意しなければいけないので、「オーダーメイド玄関マット」と検索続けていると

ダスキンオーダーメイドマット…このようなレンタル会社があることを知ったのです。

レンタルマットを選択

これは便利だと思えたので早速契約して、使用しています。

毎月洗ったマットが代わる代わる届けられ敷いて帰られるので、私は毎日このマットに掃除機をかけるだけ!とってもとっても便利なんです。

ダスキンオーダーメイドのマットは、240種類のデザインの中から2枚を選び、この2枚を4週間を標準にレンタルし、料金は1月1,188円(税込み)です。

ダスキンオーダーメイドのマットを引っ越しした高齢者マンションの玄関にこのように敷いています。上下2枚のマットが1月ごとに届けられるのです。

上記のような流れで、「この家に、玄関マットは必要かなぁと思ったことが」解消されました。

最後に

引っ越しした家の間取りの狭さでも「ダスキンオーダーメイドマット」を利用すれば、玄関マットは「お客様を迎える場所だから敷きたい」と言う管理人の気持ちが叶ったことをお伝えしたくて、この記事をお届けしました。

高齢者になっても夢と希望は持ち続けたいものです。

諦めるより、思いを口にし相談すれば思いは叶うものだと私は思っています。

後期高齢者の皆さん、お若い貴方も夢を追いかけて、毎日を楽しく過ごしましょう。

スポンサーリンク

 - 生活