元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

神社参拝に行き!参拝者それぞれの姿に時の流れを感じた1日になった

      2022/02/21


今日1月6日に姉と神社参拝に行った。正月3が日が過ぎているので、参拝する人は少ないだろうと、高齢の私と姉で出かけたのだが、なんと人人で一杯だった。

新しい年は、どんな年になるのか、おみくじによって、励まされたり、心を引き締めたりこんな時代もあったが、こんな気持ちは何処に飛んで行ったんだろうか? 今はおみくじを引く気にもならず、人様が神様との縁を結ばれたおみくじを見て、私自身の昔を懐かしく思った。

その後境内を見回すと、参拝者の服装のバラバラに、時の流れを感じた。お参りには必ず正装でいかなければならないという決まりはないと思うが、私が定年までは、行事その目的に対する服装は、一人ひとりが礼儀として着用していた時代っだったように思う。今日も私と姉は、正装して参拝した。

境内に貼られている「2020年の長寿祝い早見表」を見ていたら、なんと私は、傘寿(さんじゅ)の年になる。私は気づいていなかったけど、姉、兄、弟、姪、姪っ子たちは、お祝いしなければとコソコソ話し合っていることだろう。

2020年の長寿祝い早見表

還暦 かんれき 60歳 1960年(昭和35年)

緑寿 ろくじゅ 66歳 1954年(昭和29年)

古希 こき 70歳 1950年(昭和25年)

喜寿 きじゅ 77歳 1943年(昭和18年)

傘寿 さんじゅ 80歳 1940年(昭和15年)

米寿 べいじゅ 88歳 1932年(昭和7年)

卒寿 そつじゅ 90歳 1930年(昭和5年)

白寿 はくじゅ 99歳 1921年(大正10年)

百寿 ひゃくじゅ 100歳 1920年(大正9年)

神社参拝に行き、今日ほど時の流れを感じたことは無かったが、5月に80歳になる私は、健康の有難さに自分自身を褒めたいと思った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 日々のこと