元保育士からの発信

元保育士で現糖尿病患者である後期高齢者の発信する情報ブログです!

*

コインランドリーの使い方?初めてでも洗濯機・乾燥機は完全に使えるようになるよ!

      2022/02/21


私が住む高齢者マンションの隣に、コインランドリーが、設置されましたが、私は高齢者(80歳)になるので、コインランドリーの効能・使い方が全く分かりません。

それで、コインランドリーを利用している方々の作業風景を見ながら、コインランドリーの機能について質問し使い方を教えて頂きました。

使い方が分かったので、始めに私が感じたコインランドリーの使い方について、「メリット、デメリット」をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

コインランドリーを使うメリットやデメリット

コインランドリーを始めて利用したいと思っておられる方々にコインランドリーでの洗濯の特徴をメリット・デメリットに分けて紹介します。

コインランドリーを使うメリットは

・家の洗濯機では洗えない衣服が洗える
・これまで、クリーニングに出していた布団などの大物が洗える
・スニーカー・シューズが洗える
・乾きが早い
・高温熱風乾燥なので、ダニや花粉を除去できる
・24時間コインランドリーは開いているので、深夜でも洗濯できる

コインランドリーを使うデメリットは

・コインランドリーは店舗まで洗濯ものを運ぶ必要があるので、衣類の持ち運びが大変
・車が無いと大型のもの(毛布や布団など)は店舗まで持って行けない。
・車を使えない方は洗濯物の持ち運びが大変だと思う。

以上のことを感じました。

メリットデメリットはありますが、なんといっても魅力は、洗濯物の「容量」と仕上がりまでの「スピード」です。

共働きで週末に溜まっている洗濯物を、1日に何回も回さないといけない、干すのにも時間がかかる…などの悩みがある人には家事の助けとしては最高のコインランドリーだと私は思いました。

次にコインランドリーを使うに当たって準備するものについてお伝えしますね。

コインランドリーの使い方!準備するものは?

スポンサーリンク

お金(小銭)が必要です。それも100円硬貨、洗濯機の投入口には、100円硬貨が入るように設置されています。
両替機が設置されているので慌てることはありません。

洗濯物が入る袋それと、あると便利かもと思っていましたが、洗濯洗剤も、コインランドリーで準備されているので、持っていく必要はありません。

コインランドリー使用の場合は、お金と洋服を持ち運びができる入れ物があれば大丈夫です。何があるかわからない状況であれば、利用される前に、コインランドリーの下見をお勧めします。

お待たせしました。テーマのコインランドリーの使い方に進みますね。

コインランドリーの使い方!洗濯機と洗濯乾燥機はどっちを選ぶ

コインランドリーには「洗濯機」と「乾燥機」、それらが一体になった「全自動洗濯乾燥機」の3種類の機械が置いてあります。この機械は、目的に応じて使い分けするのです。

それぞれどんな特徴があるか見てみましょう。

洗濯機と乾燥機

家の洗濯機では、洗濯したら、干して乾かしますよね。朝選択して干したら、昼過ぎになったら乾きます。こんな生活を長年続けてきた私は、これが当たり前と思っていたのですが、コインランドリーの機能を知ってからは、洗濯機と乾燥機の使い方の気持ちが変わりました。

変わったことは、1日中家事に振り回されているのではなくて、週2は自分の時間を取りたいと思うようになったのです。あぁ今日は、10時から16時まで自分の時間だ…友達を呼ぼうか?図書館に行こうか?やりたいことは一杯、今このような気持ちになっています。

もし貴方が昼間自分の時間が取れるようになったら、何をしますか?

洋服は素材によって乾燥機が使えるものとそうでないものがあるので、先に、全部まとめて洗いその後、乾燥機が使えるものだけを乾燥機へ移し替えると生地が傷まずに仕上げられます。

全自動洗濯乾燥機

これがコインランドリーの全自動洗濯乾燥機です。

全自動洗濯乾燥機は、洗濯機と乾燥機が1つになったもので、洗濯機から乾燥機に移し替える手間がかからず、「超忙しい人には」便利です。その分、価格が割高になります。

又、全自動洗濯乾燥機は、途中で洋服を取り出せないので服を傷めることもある。注意しなければねと、仕上がりを待っている方々の会話でした。

次に、コインランドリーで洋服を洗濯するときの流れをご紹介します。費用もお知らせしますね。

コインランドリーの使い方基本の流れ

洗濯機の使い方

空いている洗濯機を探し、洗濯物を入れる。

表示されている金額を投入し、スタートボタンを押す。

しばらくすると洗濯機は動き始める。時間は洗濯機にしるされているのでご確認ください。

料金の相場は、10kg前後で1回500円、20kgを超える大物の洗濯機ならば1回1000円になることもあります。料金は洗濯機に表示されています。洗濯物の量で金額が違うので、しっかり計算して投入口にお入れください。

コインランドリーで靴洗い!靴が洗える

全てのコインランドリーに設置されているかは分かりません。利用されるお店でご確認ください。私が利用するコインランドリーには設置されています。

スニーカー洗い機

スニーカーはこすってもこすっても汚れが取れないし、乾きにくいので洗濯する前から汚れが落ちるか気になりますよね。私が洗ったスニーカーは、綺麗に汚れが落ち、靴の乾きもパリパリしていて満足でした。

スニーカー洗い機は、突然雨が降りビショビショぬれになり、替えの靴がないときなど、洗う・乾かすがさっとでき、とっても助かると私は思います。

最後にコインランドリーを使う時の注意点についてお伝えします。

コインランドリーを使う時の注意点は?

1、詰めこみ過ぎない
2、熱に弱い繊維でできている洋服は、コインランドリーの洗濯機では洗わない
3、長時間放置しない
上記3つが注意点として考えられます。一つひとつについて説明します。

詰めこみ過ぎない

このことについては、洗濯機それぞれに、洗濯物はここまでとラインが記されています。下記の写真2枚をお読みください。<di写真では読み取りにくいので記載して説明しますね。

 ▲上記ライン厳守▲
ライン以上の洗濯物を入れないでください

洗濯物を入れる位置として記されていることは…

洗濯のみ24㎏洗濯乾燥目安ライン目安ライン(1番上)のライン

標準15㎏洗濯乾燥目安ライン(真ん中)のライン

少量10㎏洗濯乾燥目安ライン(1番下)のライン

読み取れますか?<写真にここまでと目安ラインが記されているのです。
写真で読み取れないでしょう。コインランドリーに行って説明を読んで洗濯を始めてくださいね。
上記のように、きちんと約束事が表示されているので詰めすぎは発生しません。

熱に弱い繊維でできている洋服はコインランドリーの洗濯機では洗わない

コインランドリーの乾燥機は熱が強いので、熱に弱い衣類は傷むことがあるのでご注意ください。

洗い終わったら直ぐに取り出し待っている人に、洗濯機をゆずる

洗濯が終わっているのに、洗濯物がが入ったまま止まっている洗濯機をよく見かけます。コインランドリーは、共有の場所です。譲り合いがたいせつです。

待ち時間に他の用事を済ませようと、コインランドリーから離れる時には、終わり時間を意識し、終わる時間には洗濯物を片づけるようにしましょう。

最後に

コインランドリーの使い方について、利用されている方々から、使い方を教えて頂いて、納得したことをお届けしました。

コインランドリーは、遠くから利用されている風景は見ていましたが、近くで見たのは初めてでした。人と一緒に洗濯することに、心が動かなかったのです。

今回近くで実際に見たことで、これまでのコインランドリーに対しての私の気持ちや、考えが吹っ飛んだので、自信をもってお届けすることが出来ました。

まだ利用されていない皆さん、一度見学に出かけませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - ブログ, 日々のこと